【新入社員の心得5か条】これであなたもできる人!

この記事は約6分で読めます。

新社会人おめでとうございます!!!

今回は社会人になる人が、会社で心掛けてほしいことを「新入社員の心得5か条」としてまとめてみました。

新社会人じゃない人も、基本的な内容なので参考になるとおもいます。

スポンサーリンク

新入社員の心得1・報連相を学ぶべし!

報連相とは「報告、連絡、相談」ですね。

上司
上司

もっと報連相してください

今、どう感じましたか?

なんか上から目線。

と嫌な気分になったあなた、報連相の意味を間違えているかもしれません。

上司は仕事の状況を見て、あなたの能力を確かめたいのではありません。

できるだけたくさんのことを1つの仕事から学ばせ、教えたいとおもっているだけなのです。

あなたの仕事をより良いものにするためには、どんな方向性に進んでいるのか、直せる箇所がないか知る必要があるのです。

おせっかいな年寄りですか?

それよりも自分が試されていると勝手に思い込み「報連相」を嫌がるあなたのほうが、よっぽどめんどくさい人でしょう。

ちなみに

上司があなたの成功を喜ぶのは、あなたが有能だと分かったからではありません。

あなたの頑張りが、結果として現れたことに喜んでいるのです。

報連相の意味がわかるとそれほど嫌じゃなくなるでしょ?

新入社員の心得2・誰にでも素直であれ

素直、と聞いておもいうかべるのは子どもです。

とはいえ子どもを無条件でかわいいと思える理由はなんでしょう。

「遊ぼう」と声をかければ、周りがみえなくなるほど集中して本気で遊ぶ。

かと思えば突然、力尽きて寝る。

やってることはバカなのに、なぜか憎めない。

あなたが本気で仕事と向き合い、ふと気が抜けた瞬間に上司は怒るでしょうか?

怒るよりも、微笑ましい気持ちになるはずです。

年齢の問題だけでなく、上司から見ればあなたなんて子どもみたいなものなんです。

ここは子どもになった気持ちで、なんでも素直に受け入れてみてください。

雑用ばかりだからムリ!

え?雑用ばかり押し付けられて、納得がいかないから頑張れない?

まずは1度、バカな子どもになりましょう。

複雑な思考はいりません。何も考えず、ひたすらにやってみるのです。

バカの向こう側の景色は、無条件でかわいがられる世界です。

 

素直になるのは、決して他人だけではありません。

誰でも、とは自分にも素直になることです。

損得で行動しても年上の上司はお見通し。

ならば自分に都合の悪いことも素直に話していくほうが賢いといえるでしょう。

いわれたことは全力で!細かいことは気にしない

新入社員の心得3・雑談を制する者は会社を制す

雑談とはいえ、社会にでると嫌いな人とも話しができなくてはいけません。

どうしたら話せるの?

その方法は「あいづち」です。

トップクラスのキャバ嬢も

「はじめて!」「すごぉい!」「さすが!」

の3語だけで会話が乗り切れるという話があるほどあいづちは最強です。

では具体的にみていきましょう。

あいづちの種類

へえ~、それは大変でしたね、それから?、ですよね、さすが、すごいですね、マジかぁ、教えてくださいよ、どういうことですか?

全部つかう必要はありません。気に入ったものを2,3個選べば平気です。

たとえば

「へぇ~」「すごいですね」「今度教えてくださいよ」

など自分の好みで組み合わせてくださいね。

オウム返し

「昨日ドラマみてさ~」
「○○さん、ドラマ見たんですか?何のですか?」

相手の言葉をそのまま繰り返す方法で、カウンセリングなどでも使われている技法です。

ぶっちゃけドラマなんてどうでもよくても、仕事なので「へぇ~」で済ませるわけにはいきません。

興味のない内容でも、興味のあるようにみせたい時に効果的です。

間が空いてしまったら

さっきのあれ、何でしたっけドラマ?いつやってるんですか?

相手の会話のワードを1つおもいだして、相手に質問します。

すると相手が勝手に話し出してくれるので、自分は話題にこまりません。

これだけで気まずい空気から抜け出し、嫌いなひとも会話をすることができるでしょう。

【関連記事】
相手に伝わる褒め言葉!今すぐ使える褒め言葉の作り方 

新入社員の心得4・他人を真似る勇気をもて

職場には仕事ができる先輩がいると思います。

じゃあ、先輩の真似をすればいいんだ。

もちろん将来的に、そうなりたいと思うのはいいことです。

しかし、真似をするのは近くにいる同年代にしておきましょう。

なぜ?

凄い相手と自分と比べると、できなかった時に自分の無能さを痛感します。

それが自信を奪っていき、最悪の場合ウツ病になることがあるからです。

だからすごい先輩は、自分のレベルが近づくまでは目標にしてはいけません。

真似をするのは近くにいる同年代、追い抜けそうなザコにしておきましょう。

同期が朝早く出社してきてムカついたら、あなたも早めに出社しましょう。

自分で発注を忘れたくせに

「納品が遅れていまして」

とお客さんにさらっと言える女子にムカついたなら、あなたも真似をしてみましょう。

真似をするのは、あなたがイラっとしたところ。

なぜならそれは、あなたに足りていないことだから。

自分のできそうで、できないことを他人がさらっとしていたらとても腹がたちますね。

嫌な人の真似をするはとても勇気がいるものですが、成長とは痛みを伴うものなのです。

できない自分を認めて他人を真似していきましょう

新入社員の心得5・やり抜く力をつけるべし

途中で止まらず、未完成でもまずは最後までやってみることです。

完璧にやろうと1つのことにこだわると、いつまでたっても完成することはありません。

テスト問題を飛ばしながら解いたのとおなじです。

相手は完璧なんて期待していないどころか、むしろ報連相を求めています。

まずは80%のできでいいので、全体を仕上げていきましょう。

いくら立派な資料でも、半分では何の役にもたちません。

それよりは、誤字脱字があっても完成図がみえることが大切なのです。

仕事の遅い人は、途中が気になり前に進めなくなる人です。

早い人は全体像をまずつかんでから、ゆっくり肉付けをしていきます。

細かい部分が気になるのに、進まないのは精神的に苦痛です。

しかしそこでやり抜いて、何度もチェックをしてもらうことで早くて良い資料ができるのです。

気になるけれど、我慢して最後までやり抜いてみよう

以上、新入社員の心得5か条でした!よろしければ是非参考にしてください。

 

タイトルとURLをコピーしました