【履歴書の志望動機】テンプレート「特別公開」

この記事は約6分で読めます。

空いた時間、少しだけ働いてみようかな。子どもが大きくなったからそろそろ働こう。もっと稼ぎたいからWワークしたい。

前回面接の服装と面接前の偵察ポイント を紹介しました。

今回はその続きとして「面接の志望動機テンプレートと私が受けた適正試験」を紹介します。

私が実際に使っている方法で、これを読めば志望動機を調べなくても自分の言葉でスラスラ書けるようになると思います。

パート・アルバイト向け!

履歴書の志望動機・書き方はコレ!

相手が言われてうれしい事を書くのがポイントです。

<テンプレート紹介>
①お店に来たことがある
②お店のよかった事
③経験を活かせるorこれから学びたい
④①~③と思い、志望しました

①お店に来たことがある

・面接だから初めて来ましたけどいいお店ですね
・たまに来ますけどやっぱりいいお店ですね

どちらが言われてうれしいですか?

面接前の偵察ポイントを読んだ方は面接の前に一度偵察していると思います。

たとえ買い物をしたことがなくても、初めてではないから嘘ではありません。

自信を持って書いてしまえばいいのです。

まずはお店を知っていることを履歴書でアピールしてみましょう。

私は、以前から何度も貴店を利用しております

②お店のよかった事

ここは履歴書のスペースにより1つから複数必要です。

他のお店での経験でも構いません。まずは箇条書きにいくつか候補を上げましょう。

・商品が多くとても魅力的
・商品を探しているときスタッフの対応が丁寧だった
・挨拶の声が大きくて店内が明るい雰囲気

しつこいですが、褒められて嫌な人はいないでしょう。

よく見かけるのが「お店の雰囲気がよくて応募しました」という例文。

ふわっとしていて誰でも思いつく言葉です。

どんな雰囲気に魅力を感じたのか理由を書かないと意味がありません。

具体的な言葉を使いお店を褒めちぎりましょう。

貴店は取り扱い商品が多くとても魅力を感じています。また挨拶が気持ちよく店内が明るい雰囲気なこと、私が商品を探しているときスタッフの方が丁寧に対応してくださったことがありました

③経験を活かせるorこれから学びたい

・事務職でのパソコンスキルや来客応対の経験が活かせる
・未経験だが接客が好きなのでお客様に寄り添える販売員になりたい

工場のライン作業で協調性を学んだ、クレーム応対で忍耐力がついたなど。

ものは言いようで活かせない仕事はありません。

たとえ仕事自体、未経験だとしても向上心や未来にどうなりたいかを書いていきましょう。

自分はこの会社で何ができるのか、明るい未来を想像させることが大切です。

<A・Bどちらか・両方つなげてもOK>
A:事務職で学んだのパソコンスキルや来客応対の経験が活かせると考えております
B:未経験ですが接客が好きなので私に対応してくださったスタッフのようにお客様に寄り添える販売員になりたいと考えております

④と思い、志望致しました

①~③をつなげて、と思い、志望いたしました

これで志望動機は完璧です。

早速①~④をつなげてみましょう。

①私は、以前から何度も貴店を利用しており
②取り扱い商品が多いことにとても魅力を感じていました。また、挨拶がとても気持ちよく店内が明るい雰囲気なこと、私が商品を探しているときスタッフの方が丁寧に対応してくださったことから貴店で仕事をしたいと考えるようになりました。
③これまで事務職で学んだのパソコンスキルや来客応対の経験は販売職にも活かせると考えております。未経験ではありますが接客が好きなので私に対応してくださったスタッフのようにお客様に寄り添える販売員になりたい
④と思い、志望致しました。

長い!無理やり全部を詰め込んだのでかなりクドイ文章になってしまいました。

実際の履歴書にはここまで書ききれないでしょうから、②③の中からいらない部分を削ればよいのです。

少なくする分には難しいことはないでしょう。

ムリに堅苦しい言葉で悩むより、ちょっと砕けた表現で自分らしさを出したほうが人間味がでて好印象になる気がするよ!

履歴書の志望動機・応用編

①~④のテンプレートでは相手を気分よくさせることができました。

さらにこの順番を入れ替えて使うことで別の効果を得ることもできるので参考に紹介しておきます。

ちなみに3秒で決まる【第一印象】当日でも間に合う5つのコツでは相手の印象を操作する方法を紹介しています。

志望動機を強く伝えたい場合には④から始めた文章にする。

  • 私が貴社を志望したのは…ではじめる

自分の能力をアピールしたい場合には③から始めた文章にする。

  • 私は事務の経験があるので…ではじめる

余裕があったら試してみてね

志望動機・言葉で伝える時にはどうするの?

履歴書に書いているのにさらに志望動機を聞かれたら?

基本的には同じ内容を話し言葉に変えればOKです。

ただし話すときには「貴社」→「御社」に変わるので要注意。

私はだいたいお店の名前「宮永商店さん」とか「こちらのお店」と言ってしまいます。

そのほうが自然体で話せるし、相手に作り込んでいない感じが伝わると思ってあえてそうしています。(おススメはしません)

いきなり聞かれても答えられるように、志望動機は面接の前に再確認しておきましょう。

イレギュラー、派遣などの場合

面接で突然「じゃあ自己紹介からお願いします」と言われるパターン。

たまにあるんですよね。

えっ?マジで?と思ってしまいます。

きちんとできる人はいいですが、私は用意していないのでだいたい志望動機にスライドさせて自己紹介にしています。

①名前を言う
②簡単に職歴を話す(事務やって~、販売やって~)
③こちらでは今までの経験を活かせると考えておりますのでよろしくお願いします

たまにえ?これ自己紹介?みたいな雰囲気的になった時には「以上です!」と言って強制終了してしまいます。

おススメはしませんが自己紹介と志望動機が伝わるのでいいかな、と思っています。

最後に:なぜ志望動機が必要なのか

個人でやっている会社ならともかく通常の場合履歴書は面接官だけでなく、人事部の人間や本部のなどさまざまな人に見られることを想定しなくてはいけません。

よく聞くのが店側がOKを出しても本部NGで不採用という話です。

断る口実かもしれませんが、会ったことのない本部の人間に好印象を与えることができるのはやはり志望動機です。

同じレベルの経歴の持ち主ならば顔や志望動機で判断することになるのは容易に想像できるでしょう。

完璧にする必要もありませんが白紙で提出することだけは避けてほしいと思います。

▼お祝い金のあるサイト▼

シゴト.in バイト

タイトルとURLをコピーしました