【SWOT分析】選択肢を増やして後悔しない決断をする方法

この記事は約7分で読めます。

今の仕事辞めようかな、それとも続けようかな。

仕事でも日常生活でも迷って決断できないことってありますよね。

今回は、そんな迷いから抜け出して納得のいく決断のできる方法「SWOT(スウォット)分析」を紹介したいと思います。

なんとなく嫌なんだよな、なにが原因で迷ってるんだろ。

モヤモヤの原因をはっきりさせて、自分はなにが嫌なのか?どうやったら解決できるのかをしっかりと分析していきましょう。

紙とペンを用意すれば、実際にやりながら読み進めることができますよ。

後悔しない決断方法「SWOT分析」とはなにか

スタンフォード大学で研究していた、アルバート・ハンフリーに考案された分析方法です。

もともと経営学者のヘンリー・ミンツバーグが提唱したこともあり、会社の戦略をたてるときやマーケティングに使われています。

とはいえSWOT分析は目的さえはっきりしていれば、どんな状況でも使用できる便利な分析方法です。

自己分析から経営戦略まで使えるので、覚えておいて損はないと思います。

SWOT分析

S Strength:強み
W Weakness:弱み
O Opportunity:機会
T Threats:脅威

この4つを使えば、自分の気持ちを整理して後悔しない決断ができるというのです。

では実際ににどう使えばいいのか、例を挙げてみていきましょう。

自分の気持ちを整理する「SWOT分析」実用例

つなぎで始めた夕方のアルバイトを、辞めるかどうか迷っているようです。

目的:アルバイトを辞めるか続けるか決断する

昼間の仕事が決まったけどどうしよう?辞めたいような、辞めたくないような…。WワークはOKだけどどうしようかな

ちなみに昼間は事務仕事、アルバイトは接客業をしています。

ふわっとした、つかみどころのない悩みに思えますが…。

なぜ辞めたいような気がするのか、なぜ辞めたくないような気がしているのか「SWOT分析」を使って明確にしていきましょう。

自分の悩みを分析したい人はこの表をメモしてね!

①Strength:強み

①の欄
自分自身の強みや長所、メリット。会社であれば良い所や特徴を書きましょう

注意したいのは、内部で起きたプラスの出来事を書く点です。

自分自身のことならば、今までの経験から得た知識や考え方が対象です。

  • お客さんの家を回って商品が売れた→①内部環境
  • SNSで紹介されて商品が売れた→④外部環境

先ほどの女性が①強みに書いた内容はこちら。上の表左上に書き込みます。

<私の強み・メリット>
・接客業が得意
・Wワークのほうが学びがある(向上心)
・健康(持病なし)
・他のバイトと仲がいい(社交性)
・商品に詳しい

何も思いつかなくても後から思いつくと思いますので、とりあえず進んでくださいね。

②Weakness:弱み

②の欄
自分自身の弱みや苦手な部分、デメリット。会社なら体制の弱い部分やブラックな習慣を書きましょう

今度は、内部で起きたマイナスの出来事を書きます。

自分自身のことならば、今までやろうとしてできなかったこと、諦めてしまったことなどです。

先ほどの女性が②弱みに書いた内容はこちら。今度は表の右上に書き込みます。

<私の弱み・デメリット>

・体力がない
・遊びに行けなくなる
・仕事が続かない(飽きっぽい)
・バイトはあまり稼げない

③Opportunity:機会

③の欄
自分の周りで起きている良い出来事、プラス要因。会社であればライバルの撤退やインターネットの普及など目的に対し有利に働く内容です

ここからは外部で起きたプラスの出来事を書きましょう。

だいたいパターンがわかってきましたね。

自分の努力とは関係なく起こっている、プラスに働く環境変化などです。

先ほどの女性が③機械に書いた内容はこちら。今度は表の左下に書き込みます。

<外部の機会・メリット>
・新商品がどんどん増える
・社割が使える
・Wワーク歓迎している
・常に人手不足

④Threats:脅威

④の欄
自分の周りで起きている悪い出来事、マイナス要因。会社であればライバルに追い越されるなど目的に対し不利に働く内容です

ここには外部で起きたマイナスの出来事を書きましょう

もう嫌になっちゃった?もうちょと頑張って!

自分の努力とは関係なく起こっている、マイナスに働く環境変化などです。

先ほどの女性が④脅威に書いた内容はこちら。今度は表の右下に書き込みます。

<外部の脅威・デメリット>
・あまりシフトに入れない(クビになるかも)
・システムの変更に対応できない(クレーム?)
・新商品がわからない(知識が追いつかない)

「クロスSWOT分析」をしてみよう

全て書き込みました。ここまでくればあとは簡単です。

横は無視して縦に掛け算(クロス)していきます。

①強み×③機会
①強み×④脅威
②弱み×③機会
②弱み×④脅威

おそらく忘れていると思うので、今回の目的再確認しておきます。

目的:アルバイトを辞めるか続けるか決断する

最後までやらなくても、ぜっっったいにムリな事がでてきたらバイトを辞める決断をしよう

①強みと③機会をクロスする

2つを見比べ、自分の強みがどう活かせるのかを考えます。

・Wワークで多くの事が学べる(会社も歓迎している)
・職場は人手不足だし、接客の得意な自分は有利
・健康には問題ないから大丈夫そう

①強み×④脅威をクロスする

2つを見比べ、自分の強みを活かしてどのように脅威から身を守るか考えます。

・シフトには入れないが、接客が得意だからクビにはならない
・システムの変更も、他のスタッフと協力すれば乗り越えられる
・商品は好きだから、新商品の知識もすぐに吸収できる

②弱み×③機会をクロスする

自分の表がある人はそれを見ながらやってくださいね。

外部の良い影響を利用するために、自分の弱みをどう克服するか考えます。

・新商品をみて飽きっぽいのを克服しよう
・社割が使えるから、稼げないけど我慢しよう
・Wワーク推奨しているけど体力がない(運動する?)
・人手不足だから遊べなくなる(今までどのくらい遊びに行き、今後どのくらい回数が減るか計算する)

 絶対無理か考えよう

体力をつける運動なんて絶対したくない!彼氏と毎日会っていたのに週1なんて我慢できない!と思ったらアルバイトは辞めるべき。

反対に、忙しくなるけどメリハリがつくから運動してみようかな、遊ぶのは夜が多いから仕事はあまり関係ない。体力があれば乗り切れる。

そう考えるならアルバイトを続けるべきでしょう。

重要なのは、最初よりも悩みが明確になっていることです。

昼間の仕事が決まったけどどうしよう?辞めたいような、辞めたくないような…。WワークはOKだけどどうしようかな

②弱み×④脅威をクロスする

最後に外部の良い影響を避けるために、自分の弱みをどう克服するか考えます。

・シフトに入れないなら、最低限どれだけ必要か確認する
・システムがわからなら、他のバイトに教えてもらう
・新商品がわからない、飽きなくて良いとプラスに考える

 絶対無理か聞くのもあり

シフトが少なくなるのが悩みなら、聞いてしまいましょう。

絶対に4日入って!といわれ、無理ならアルバイトは辞めればいいのです。

最後に

昼間の仕事が決まったけどどうしよう?辞めたいような、辞めたくないような…。WワークはOKだけどどうしようかな

SWOT分析をしたことでふわっとした悩みが

<辞めたいような>
・体力に自信がない
・シフトが少なくてクビになるかも

<辞めたくないような>
・新商品が社割で買える
・接客が好き

だいぶ具体的になりました。

シフトの悩みは店長に確認すれば一瞬で解決するでしょうしあとは自分の体力次第です。

こればかりはやってみないとわかりませんが以前よりも後悔のない決断ができるようになっているはずです。

SWOT分析めんどくさい!という方には相談相手の選び方を教えるよ!

相談相手を選ぶ4つの基準【書籍紹介】insightインサイト

タイトルとURLをコピーしました