仕切り屋の心理と対処!比べてわかったリーダーとの違い

この記事は約6分で読めます。

アナタみたいな人を仕切り屋、でしゃばりっていうのよ

え?私って、仕切り屋だったの!?(リーダーなんだけど・・・)

そう、私は仕切り屋だったのでした。

この記事でわかること

・私は仕切り屋!比べてわかったリーダーとの違い
・「仕切り屋」になる原因は?
・「仕切り屋」は何を考えているの?
・仕切り屋をやめてもらう対処法
・リーダーならば、仕事は人に任せてみよう

今回は私の経験を基にして、会社で仕切り屋の対処法についてまとめてみようと思います。

スポンサーリンク

私は仕切り屋!比べてわかったリーダーとの違い

悩み

比較の前に仕切り屋とは
でしゃばり、目立ちたがり。自信家で自己主張が強く、常に主導権を握っていたいと考える人のことを言います。

仕切り屋はこんな人

  • 指示や命令をしてしまう
  • 自分の仕事を終わらせるため、人にやらせようとする
  • 自分しかできない仕事だと考えている
  • 自分と異なる意見は、全て却下する

リーダーはこんな人

  • 相談をして決める
  • 会社の仕事を終わらせるため、人と協力をする
  • 自分の仕事を周りに理解させようとする
  • 目的を達成するために、必要な意見は取り入れる
仕切り屋が自分中心に仕事を考えるのに対し、リーダーは仕事中心に自分を考えるのが大きな違いです

「仕切り屋」になる原因は?

やめられない

違いがわかったところで、ここからは原因を見ていきましょう。

自分の考えが、絶対に正しいと思ってた

周りは新人のため、知識も経験もまだ浅く「私が育てなければいけない」「私の思うように動いてくれれば仕事がうまく回る」そんなふうに思っていたのです。

自分と新人を比較しては「どうして私と同じようにできないの?」「私が新人の時はもっとできたのに」と、自分と同じようにできない人間は全て無能と決めつけました。

仕事の結果は同じでも、手順がわたしと同じか常に観察し、言った通りでないと納得できずに口を出すこともありました。

私が正義、どうしてみんな私と同じにできないの?

人から必要とされていたい

仕事でわからないことがあると、誰もが私に聞きました。

その時には「どうして自分で判断できないの?」「めんどくさい」「はやく独り立ちしてほしい」と思っていたものです。

しかし周りの気持ちは「聞かなければうるさいことを言われるから、仕方なく聞いていた」というのが本音でした。

ムカついたのでしばらくの間仕切ることをやめてみたのですが、わたしの想像とは違い全員自分で仕事を進めているのです。

正直あれ?と思いました。

最初の頃はさみしくて「私、必要なかった?」と心にぽっかり穴があいたような気分になりましたがそこで気付くことができました。

私は「めんどくさい」と口では言いながら、必要とされている実感が欲しいだけだったのでした。

私って頼りにされてるんだなぁ

「仕切り屋」は何を考えているの?

話し合い

私が仕切り屋だった時、こんなことを考えていました。

不必要な使命感「私が」

「私が」仕事の準備をしないとはじめられない「私が」今日はどこまでやるのか説明しなくてはいけない。

「私が」いないと何もはじまらない。あの頃はそんな無意味な使命感に燃えていました。

良く言えば責任感ですが、他人は信用できないという思いからの行動でした。

本来であれば担当者にまかせればいいことも、勝手な使命感から「私がいないと」「私がやらないと」と全てに首を突っ込みました。

しかし実際は私が会社を休んでも仕事は回ります。「私が」といくら頑張ってもたいした意味はありませんでした

私がいないとダメなんだから!

関連記事上司の期待が重すぎる!職場のプレッシャーに打ち勝つ思考と対処法 

優位に立ちたい

周りは新人ばかり。仕事の知識も経験も、人生経験だってわたしのほうが上なんです。

だから仕事の準備をしてあげるのは当たり前。だって私は優しいし、任せてミスられても困るから。

ですが「やってあげている」という気持ちは「やってもらっている」と相手に感じさせ、恩を売る行動とある本で知ったのです。

つまり相手のためと思っても、本人からしてみれば「余計なお世話」だったということでしょう。

私は無意識に、相手の仕事を奪うことで、自分が優位に立とうとしていたのでした。

私のほうが凄いんだから!

仕切り屋をやめてもらう対処法

stop

「はっきり言う」それ以外の方法で考えてみたいと思います。

仕切り屋に自分を信用してもらう

仕切り屋はちょっとのミスが気になるため、大雑把な仕事は絶対に許すことができません。

とはいえなんだかんだと理由をつけて、結局は相手が誰でも信用しないものなのです。

こうなったらとにかく細かく確認をするしかありません。

この場合はこうですね?こうしてみたけどどうですか?

自分でOKしたことには、さすがの仕切り屋も文句をつけることができません。

仕切り屋に信用してもらうには質問ではなく、確認が必要です。

少し続けることで、あなたの仕事ぶりを認めるようになるはずです。一度信頼を得た後は、気楽に仕事を続けましょう。

もう大丈夫、できるからやってみて!

仕切り屋をおだてて仲間意識を作る

仕事がどれだけ順調に進んでも、仕切り屋は悪い所をチェックしたくてウズウズしています。

とはいえ人から必要とされたいので、嫌われるのは耐えられません。

一緒に仕事している方からしてみればたまったものではありませんが、ここは上手におだてて難しい仕事をお願いするのも1つの方法です。

同じ間違いをしても、友達ならば許せることもあるでしょう?

仕事なので友達になる必要はないですが、ある程度の関係が築ければ責められることは減るはずです。

はっきり伝える事ができないならば、仲間に取り込んでしまいましょう。

このミス、あるあるだよね~!

リーダーならば、仕事は人に任せてみよう

脱出

私はずっとスタッフにイラついていましたが、世話を焼くから周りが成長できないのでは?と思えたことで仕切り屋をやめられました。

そのきっかけになったのがこの言葉

(略)仕事を同時にこなすためには、「自分でやらないこと」を決めるのが大切だ。自分にしかできない仕事以外は、他人に思いっきり任せよう。
引用:堀江貴文「多動力」

ホリエモンなら自分にしかできない仕事があるでしょう。ですが普通の会社員にはそんなものはありません。

加えるなら自分の仕事なんて1つもありません。あるのは会社の仕事だけ。

そして実際にでしゃばることをやめてみると、周りが自然と成長していきました。

今でしゃばっている人に言いたいことは「あなたでなくて他の誰でもいい」ということです。

仕切り屋になる人は責任感が強いから、少しは楽になれたと思います。

今持っている責任感の向きを「私がやらなくちゃ」から「私がいなくても」に変えましょう。

それが仕切り屋を卒業し、リーダーになるということです。

え?私って、仕切り屋だったの!?と思った方は、是非参考にして下さい。

 

ー参考資料ー

多動力 (NewsPicks Book) (幻冬舎文庫)

タイトルとURLをコピーしました