【仕切り屋】の心理と対処!でしゃばりになる理由とは?

この記事は約6分で読めます。

リーダーでもないのに長くいるというだけの理由で仕事に口をだしてくる人。

楽しく仕事をしているのにやたら場を仕切ろうとするウザい人。

こんなめんどくさい仕切り屋さん、あなたの職場にもいませんか?

今回は会社にいるめんどくさい仕切り屋の心理やリーダーとの違い、仕切り屋をやめさせる対処法までを紹介しようと思います。

仕切り屋の心理

自分以外、全員無能

まわりが新人だったりすると「私が育てなければいけない」「私の思うように動いてくれたらもっと仕事がうまく回る」そんなふうに思っているのです。

自分と他人を比較して「どうして私と同じようにできないの?」「私が新人の時はもっとできたのに」と、自分と同じにできない人間を全て無能と決めつけます。

仕事の結果は同じでも手順が常に「私」と同じか観察し、言った通りでないと納得できずに口を出してしまいます。

指導を頼まれていないのだから黙っていればいいものを、わざわざ口に出すから嫌われるのです。

自分が絶対に正しいって思っているんだね

人から必要とされていたい

みんな仕事でわからないことがあるとすぐ私に聞きにくるから困っちゃう。

「どうして自分で判断できないの?」「めんどくさい」「はやく独り立ちしてほしい」と口にだすものの、本当は誰かに頼ってほしいと思っているのが仕切り屋です。

まわりの本音が「うるさいことを言われたくないから、仕方なく聞いてやろう」だとしても私が中心に仕事が回っているので気が付きません。

「めんどくさい」と口では言いながら、本音はかまってちゃんだから嫌われます。

他人の評価がないと生きていけないのかも

ナゾの使命感を感じている

「私が」仕事の準備をしないとはじめられない「私が」今日はどこまでやるのか説明しなくてはいけない。

「私が」いないと何もはじまらない。

その使命感は何?

良く言えば責任感ですが、あなたがいなくても準備くらい誰だってできるのです。

担当者にまかせればいいことも勝手な使命感で「私がいないと」「私がやらないと」と全てに首を突っ込んでくるのです。

聞かれているならいいですが、ナゾの使命感はただのおせっかいだから嫌われるのです。

でしゃばりですか?

優位に立ちたい

「私が教えてあげる」「私が準備してあげる」人に何かをしてあげるのは、他人に恩を売るための行動です。

心理学では好意の返報性と言われますが

人間は「やってもらっている」と感じると、お礼をしなくてはいけないと思ってしまうのです。

ですが自分でもできることをされた挙句にお礼なんてしたくありませんよね。

お礼を言うべきなの?でも言いたくない。この理不尽さに心はモヤモヤするのです。

理不尽な内容で他人から感謝されようとするから、嫌われるのです。

心理操作するなんて怖すぎる

仕切り屋とリーダーシップとの違い

・仕切り屋は自分中心に仕事を考える
・リーダーは仕事中心に自分を考える

仕切り屋はこんな人

  • 指示や命令をしてしまう
  • 自分の仕事を終わらせるため、人にやらせようとする
  • 自分しかできない仕事だと考えている
  • 自分と異なる意見は、全て却下する

リーダーはこんな人

  • まわりと相談して決める
  • 会社の仕事を終わらせるため、人と協力をする
  • 自分の仕事を周りに理解させようとする
  • 目的を達成するために、必要な意見は取り入れる

仕切り屋をやめさせる対処法

仕事で認めさせる

仕切り屋はちょっとのミスが気になるため、大雑把な仕事は許すことができません。

とはいえなんだかんだと理由をつけて、結局は相手が誰でも否定したいものなのです。

こうなったらとにかく細かく確認をするしかありません。

この場合はこうですね?こうしてみたけどどうですか?

自分でOKしたことには、さすがの仕切り屋も文句をつけることができないでしょう。

仕切り屋に信用してもらうには質問ではなく、確認が必要です。

あなたの仕事ぶりを認めたあとはもう簡単です。信頼を得た後は気楽に仕事を続けましょう。

友達になる

仕事がどれだけ順調に進んでも、仕切り屋は悪い所をチェックしたくてウズウズしています。

とはいえ人から必要とされたいので嫌われることも耐えられません。

なんなのこの人?と思わず上手におだててお願いするのも1つの方法です。

同じ間違いでも、友達ならば許せる経験はあるでしょう。

仕事なので無理に友達になる必要はないですが、ある程度の関係が築ければ責められることは減るはずです。

仕切り屋をやめてと言えないならば、仲間に取り込むことも考えましょう。

無視をして突き放す

仕切り屋が口を出そうとしてきても「大丈夫です」「わからない時は聞きに行きますから」と断わってしまいましょう。

怖い場合はみんなで一斉にやりましょう。

上司から「お前はリーダーじゃなくてただのでしゃばりだぞ」と言ってもえるようお願いするのもよいでしょう。

仕切り屋は、基本かまってちゃんの寂しがりやです。

職場で味方がいなくなればすぐに心を入れ替えて、おとなしくなるでしょう。

最後に

(略)仕事を同時にこなすためには、「自分でやらないこと」を決めるのが大切だ。自分にしかできない仕事以外は、他人に思いっきり任せよう。
引用:堀江貴文「多動力」

他人に任せることが必要なんですね。

仕切り屋は全てやってしまうのでまわりの成長を止めてしまい、結果として会社にとっても迷惑な人でしょう。

だから嫌われるんですけどね。

もし仕切り屋に本を紹介する機会があれば、わたしはしれっとこれを渡したいと思っています。

タイトルとURLをコピーしました