【人間関係リセットされた】突然縁を切る人の心理と対処

この記事は約5分で読めます。

そんな人だと思わなかった!信じてたのに!

え?え?なに?

卒業間近、学生時代の話です。

朝学校に登校するといきなり「そんな人だと思わなかった!信じてたのに!」と言い残し、彼女は走り去りました。

思いあたるふしもなく何が起きたかわかりませんでしたが、間もなく彼女は不登校ぎみになり、最後まで私と(誰とも)話をしないまま卒業していきました。

今風な言葉でいえば「人間関係リセット症候群」だったのでしょう。

卒業してから10年後に再会し気まずい雰囲気になりました。

そんな体験をもとに今回は「人間関係をリセット」する人について、心理傾向や対処法をお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

人間関係リセット症候群てなに?

人間関係リセット症候群とは「突然、一方的に人間関係をバッサリ切る」人のことです。

ネットやSNS上のことと思われるかもしれませんが、携帯番号が変わっても教えない、引っ越し先を伝えないなど、リアルな人間関係を切る人も含まれています。

ちなみに正式な病名ではなく、ネットスラングとよばれる造語です。

人間関係リセット症候群の「特徴」

突然縁を切る人の特徴は、人の目が気になり無理して合わせてしまうところです。

無理して人に合わせてしまう

他に友達がいないから気の合うフリをしておこう

彼女はクラスでいじめられていました。

学校で1人でいるのは辛い、だからあまり気の合わない私でも、なんとか関係を維持しようと無理をしていたようです。

もし見捨てられたら1人になってしまう。またいじめられたらどうしよう。

不安から無理に人に合わせれば自分が疲れて当然のこと。

愛着スタイルという心理分析では、不安型とよばれる性格特徴を持っています。

関連記事毒親の悪影響【愛着スタイル】を知って対人関係を改善しよう 

人の目が気になる

男友達と、友情の証はHでしょ

こんな発言を日常的にしていたら、いじめの標的になるのもわかるのですが…。

いじめを受けてからは「人からどう見られているのか」が気になり「本音を言うと嫌われる」と常にことばを選んで発言するようになりました。

いじめは減っても人の目ばかり気にしていては、心が休まる暇なんてありません。

自分を隠して作った人間関係では我慢することも多く、ストレスばかりが溜まるのです。

関連記事【人の目が気になる】心理傾向と試してほしい5つの克服法 

人間関係をリセットする時の「直前心理」

ここからは、リセットする直前の心理をみていきましょう。

人に合わせるのがバカバカしい

無理して人に合わせていたけれど、突然すべてがどうでもよくなった。

彼女の場合は卒業が近づき、気を使うことがバカバカしく思えたのでしょう。

相手に合わせすぎて自分の意見は言えない人、八方美人もおなじです。

普段から少しずつ溜まったストレスや我慢は、心に蓄積されていく。

そして我慢が限界に達したその瞬間、音信不通になるのです。

突然キレる人や、攻撃的になる人も基本的には同じタイプです

本当の自分を取り戻したい

本当の自分はこうじゃない、自分をこれ以上嘘をついて生きたくない。

誰かといるのがこんなに苦しいのなら、いっそひとりのほうがまし!と人間関係をリセットします。

連絡先を1人消去するたび自分の嘘やストレスが消え、本当の自分になれる気がしてテンションが上がります。

今までは人から気に入られようと努力してきましたが、他人よりも自分の意志を優先させたいと行動にでるのです。

余談ですが「アナ雪」のエルサもこんな気持ちだったとおもいます。

消去することで、本当の自分に戻る感覚を味わえるんだね

関連記事自分に自信がない。克服する魔法は「アナ雪」が教えてくれました 

人間関係リセット症候群の「対処法」

リセットしたら後悔しませんか?

今は全てに嫌気がさしているのでしょう。

ですが一度落ち着いて、冷静に考えることをおすすめします。

ネットやSNSの関係は簡単に繋がれる分、簡単に切ることができるかもしれません。

しかし慣れというのは怖く、人は同じ事を繰り返すうちにどんどん抵抗がなくなります。

つまりSNSだからと多くの関係を切るうちに、現実の人間関係をリセットすることにも慣れてしまうのです。

・人間関係をリセットすることで、悩みやストレスが全てなくなるのか?
・リセットすれば新しい自分になれるのか?

リセットは決して悪いことばかりではなく、そこから新しい世界が見えることもあるでしょう。

ですがその前に、メリットがどれだけあるのかもう一度考えてみてください。

リセットされた相手の気持ちを考える

そんな人だと思わなかった!信じてたのに!

突然こんなことを言われたら「いきなりどうしたんだろう」と驚いたり、悲しくなったり、怒りを感じる人もいるでしょう。

直接言わなくてもメールを送っても届かない、ブロックされれば同じことです。

リセットされた人は「自分のどこが悪かったのだろう」「また裏切られるのでは」と人間不信になってしまうかもしれません。

今まで他人を優先してきたあなたなら、相手がどんな気持ちになるか簡単に想像できるでしょう。

この瞬間が、無理してでも相手の気持ちを考える時なのです。

最後に:世間は思っていたより狭かった

彼女は卒業してから10年後、医療事務をしていた私の後輩として派遣されてきたのです。

同級生なのだから仕事しやすいと思うでしょうが、彼女と私はもう気軽に話せる間柄ではなくなっていました。

それどころかお互いに気を使い、仕事はとてもやりづらく彼女は間もなく辞めていきました。

私も申し訳ないことをしたと思っていますが、人間関係をリセットする時はその後の事もよく考えてから行うことをおすすめします。

ちなみに彼女はその後も仕事を転々としていたようで、仕事もリセット症候群だと風のうわさでききました。

リセットすればその時にはスッキリしますが、後々のことも考えて慎重に行なわなくてはいけないのです。

仕事をリセットしてしまう症状について知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。
関連記事【青い鳥症候群】また転職?今いる場所が理想の職場

タイトルとURLをコピーしました