【人間関係リセットされた】リセット症候群の心理と対処

この記事は約6分で読めます。

そんな人だと思わなかった!信じてたのに!

え?え?なに?

これは私の学生時代の話です。

学校に登校するといきなり「そんな人だと思わなかった!信じてたのに!」と彼女は言い残して走り去りました。

突然のっ出来事で何が起きたかわかりませんでしたが、間もなく彼女は不登校ぎみになり、最後まで私と(誰とも)話をしないまま卒業していきました。

今思えば彼女は「人間関係リセット症候群」だったのです。

リセットしたあと2度と会わなければ記事にすることはありませんでした。

しかし運の悪い事に、私と彼女は10年後に再会してしまったのです。

しかも職場という最高に気まずい環境で、です。

今回、はその時に感じた「人間関係をリセット症候群」の心理傾向や対処法など、私の体験を含めてお伝えしようと思います。

「人間関係リセット症候群」とは何か?

人間関係リセット症候群とは
「突然、一方的に人間関係をバッサリ切る」人のこと

ネットやSNS上のことだけでなく携帯番号が変わっても教えない、引っ越し先を伝えないなど、リアルな人間関係を切る人も含まれます。

ちなみに病名じゃなくて、ネットスラングとよばれる造語だよ!

「人間関係リセット症候群」の特徴

無理して人に合わせている

他に友達がいないから気の合うフリをしておこう

学生時代、彼女はクラスでいじめられていたようです。

私は覚えていませんが「私がいじめから守った」という話は後になって彼女から聞きました。

「見捨てられたら1人になってしまう」「またいじめられたら?」そんな不安のなかで、唯一優しく接してくれた私との関係をなんとか維持していたい。

そんな理由から、彼女は無理やり私にあわせていたのです。

ずっと我慢していたら、いつかは爆発するのは当然のこと。

つまり、人間関係をリセットする人は無理してでも他人に合わせる性格特徴があり、自分の中の限界に達すると突然バーンアウトする、というわけです。

ちなみにこの性格は愛着スタイルという心理分析だと不安型に分類されるよ!

自分に嘘をついている

友情の証はHだから、男友達とするのは普通

彼女の価値観では普通のこと。

しかしこんな発言を日常的にしていたら、女子からいじめの対象になっても仕方ない・・・。

とはいえ、自分の発言がいじめの原因と知ってからは「人からどう見られているか」を異常に気にするようになり「本音を言うと嫌われる」と自分を隠すようになりました。

いじめはなくても、人の目を気にして嘘をついていれば心が休まる暇なんてないでしょう。

自分を隠して作った人間関係では我慢することも多く、ストレスばかりが溜まり、全てが嫌になってしまうのです。

関連記事【人の目が気になる】心理傾向と試してほしい5つの克服法 

「人間関係リセット症候群」の心理

人に合わせるのがバカバカしい

無理して人に合わせていたけれど、突然すべてがどうでもよくなった。

彼女の場合は卒業が近づき、あとちょっとの我慢ができない。

今さら気を使うことがバカバカしく思えたのでしょう。

普段から少しずつ溜まったストレスや我慢は、心に蓄積されていきます。

そして我慢が限界に達したその瞬間「リセット」してしまう、というわけです。

突然キレる人や、攻撃的になる人も基本的には同じタイプです。

自分を八方美人と感じていたら要注意!

本当の自分を取り戻したい

本当の自分はこうじゃない、自分にこれ以上嘘をつきたくない。

誰かといるのがこんなに苦しいのなら、いっそ1人のほうがまし!と考えます。

連絡先を消去している時は自分の嘘やストレスが消え、本当の自分に近づく気がしてテンションが上がります。

今までは他人から気に入られようと努力してきたけれど、これからは自分の意志を何よりも優先しようというわけです。

消去すれば本当の自分に戻れるのかな?

「人間関係リセット」した人の10年後

学校を卒業してから10年後。

当時、医療事務をしていた私の後輩として、彼女は派遣されてきたました。

元同級生だというのは別段隠すことでもないと思い、同僚に話したところ「仕事がしやすいように」と、私が彼女に仕事を教えることになりました。

気心が知れているほうが仕事がしやすい。

普通ならその気遣いはめっちゃありがたいです。

しかし私は彼女に「人間関係リセット」されているのです。

それはもう、気まずさしかありませんでした。

学生時代の話じゃん。と思うかもしれませんが、やっぱり過去のわだかまりは消えないのです。

仕事の話はできますが、お互い変な気を使ってしまい気軽には話せませんでした。

なんかきまずいなぁ。私がそう思っていると

結局、彼女は1週間で仕事を辞めてしまいました。

もちろん彼女には申し訳ないことをしたな。と思いますが、前職も1週間で辞めていると噂で聞きました。

仕事もリセット症候群!と思いましたが、それより世間が狭すぎです。

彼女はまさか10年後に私と会うなんて思ってなかったはずです。

とはいえ、私だって自分をリセットした人間と仕事をするなんて考えもつきませんでした。

人間関係リセットするのは簡単ですが、人生なにが起こるか本当にわからないということです。

仕事をリセットしてしまう症状について知りたい方は、こちらの記事もおすすめです。
関連記事【青い鳥症候群】また転職?今いる場所が理想の職場

「人間関係リセット」するその前に

リセットしたら後悔しませんか?

今は全てに嫌気がさしているでしょうが、一度落ち着いて考えることをおすすめします。

ネットやSNSの関係は簡単に繋がれる分、簡単に切ることもできるでしょう。

しかし慣れというのは怖く、人は同じ事を繰り返すうちにどんどん抵抗がなくなります。

つまりSNSだからと多くの関係を切るうちに、現実の人間関係をリセットすることにも抵抗が薄れてしまうのです。

人間関係をリセットすれば悩みやストレスが全てなくなるのか?
リセットすれば新しい自分になれるのか?

もちろん、リセットしたほうがいい人間関係があることも否定はしません。

そうではなく、自分が衝動的になっていないか一度確認してほしいということです。

ダメージを受けてもいいと思えるか

そんな人だと思わなかった!信じてたのに!

突然こんなことを言われたら「いきなりどうしたんだろう」と驚いたり、悲しくなったり、怒りを感じたり。

直接言われなくても、メールやSNSを突然ブロックされただけでもそれなりに精神的にダメージは受けるでしょう。

突然リセットされた人は「自分のどこが悪かったのか」「また裏切られるかも」と人間不信になるかもしれません。

相手はダメージを受けてもいいと思える人間か?
ダメージを受けるに値する人間と感じたなら切ればいいですし、ダメージを与えたくないと思ったなら今はまだリセットしなくても良いのかもしれません。
タイトルとURLをコピーしました