【嫌われている】思い込んでしまう理由と3つの確認法

この記事は約6分で読めます。

気になる人がいるけどなんとなく嫌われている気がする。

面と向かって言われたことはないけれど、きっと私のことを嫌っている。

驚くことに90%の人が「相手に嫌われている」と感じたことがあるそうです。

ですが反対に「あなたは出会った人の90%を嫌いと感じているか」と聞けばNOと答える人がほとんどでしょう。

これだけを考えてもわかるように嫌われていると感じるのはほとんどが思い込みなのです。

とはいえこれで終わらせるわけにもいかないので

今回はどうして嫌われていると思うのか、どうして思い込みは起こるのか。

理由から克服法までお伝えしていこうと思います。

スポンサーリンク

嫌われている!と思い込んでしまう理由

嫌われているアンケート

引用:noel「嫌われてる気がする」と不安になる心理と気持ちを確かめる15の診断項目

上記のアンケート調査は男女共に90%近くの人が「なんだか人に嫌われている」と感じた経験があるという結果を示したものです。

では一体どんな理由で嫌われていると感じるのでしょうか?その理由をみてきたいと思います。

事務的な対応をされた

あ、これ落ちてたよ!

申し訳ありません!あ…ありがとうございます

いくら仕事でも後輩には砕けた言葉を使いますよね。

でもあなたが先輩なら気を使って敬語になってしまうでしょう。

言葉遣いを変えるタイミングは人それぞれです。

こちらがフレンドリーなのに冷たく返されたらテンションが違いすぎると不安に思い、嫌われていると思ってしまうでしょう。

リアクションが少なかった

昨日やってたテレビみた?

昨日はテレビ見てません

せめて番組名くらい聞いてくれてもよさそうですよね。

素っ気ないとうか会話をバッサリ。

会話を早く切り上げるのが目的に感じてしまいます。

嫌っていることに気付かせようとしているのか?と疑いたくなりますが相手は急いでいたのかもしれません。

理由がわからないと確認もせずに悪い方向に考えてしまいますが、これは人間が狩猟時代から持つ思い込み(ネガティブバイアス)です。

嫌われたと思っていても相手に話すと「そんなふうに思ってたの!?」というのはよくある話でしょう。

目を合わせてくれない

おはよう!

あっ、おはよう…。

うつむいて話をされるとやっぱりそれだけで嫌われていると思いますよね。

好きだから恥ずかしがっている場合もありますが、多くの人はネガティブバイアスにより嫌われていると思うでしょう。

とはいえ相手のほうがあなたに嫌われているかもしれない、と思い込み目をそらしている可能性はないでしょうか?

「私のこと嫌いなのに無理して挨拶しているんだな」こう思えば目を合わせずうつむいて挨拶します。

それを見たあなたは「俺って嫌われてるんだな」となるのです。

つまり嫌いと思っていなくてもお互いに嫌われていると思い込んでしまうこともあるのです。

嫌われている?思い込みが起きるメカニズム

お互いに嫌われていると思い込んでしまうこともある。

これをもう少し詳しくみていきましょう。

先に嫌いになったのはどっち?

おはようっ!!

あー。おはようございます…。
(体調わるっ、頭がボーッとする)

感じ悪いし嫌われたな。ちょっと距離をおこう

最近冷たい。嫌われてるんだな

この2人、先に嫌ったのはどちらでしょう?

ややこしいですが、どちらも相手を嫌っていないのに嫌われていると思っています。

最初は嫌いじゃなかったけれど自分の悪口を言っているという噂を聞いてから嫌なやつに思えてきた。

こんな経験ありますよね。

つまり始まりはお互いの勘違いでも本当に嫌いになってしまうことは十分ありえることなのです。

なぜ思い込みは起こるのか?思い込みのメカニズム

思い込みのメカニズム

1・決めつけ
2・誇張
3・否定
この3つで思い込みは起きると考えられています。それでは順番にみていきましょう。

決めつけ

おはようっ!!

あー。おはようございます…。

あれ?感じ悪いし嫌われたな

たった1度の出来事で、自分が嫌われていると決めつける
(決めつけているから確認しない)

誇張

ちょっと聞いて~。最近いつも感じ悪くて。完全に嫌われた

1度だけなのに人に話するうちに回数が増えてしまう
(悪い方向に大げさに話すのが特徴)

否定

今日は普通に挨拶してきたけど、機嫌がよかったんじゃない?私が嫌われているのは変わらない

良い所があってもそれは認めようとしない
(自分で決めたことを変えたくないため都合の悪いことは否定する)

以上が嫌われていると思い込むメカニズムです。

「違う!わたしのは思い込みじゃない!」

そう感じる方のために次は嫌われているかの確認方法を紹介します。

思い込みの克服法と嫌われてるか?の確認法

嫌われているか確認法3つ

1・自分以外にどう接しているか
2・他人の意見を聞く
3・タイミングを変え話しかける

1・自分以外にどう接しているか

対応が事務的、リアクションが少ない、目を合わせない。

まずは自分が嫌われていると感じる相手の行動を観察してみましょう。

事務的に話すのは自分にだけなのか男性に対してか社内の人間全員か。

みんなにそうとわかれば安心することができるでしょう。

2・他人の意見を聞く

○○さんてリアクション薄くない?

ほかの人がどう感じているのかそのまま聞いてみるのが一番早い方法です。

自分への対応だけが冷たい、とまわりは思っているのでしょうか?

もしかしたら本当にあなたを嫌っているかもしれませんが、おそらく誰に対してもリアクションは薄い可能性が高いです。

今嫌われていると感じているなら確認した後のデメリットもないでしょうからまずは深く考えずまわりに聞くのが良いでしょう。

3・タイミングを変え話しかける

直接話しかけて確認する少々強引な手段です。

とはいえストレートには聞かずにいろいろなタイミングで相手のリアクションを確認してみるのです。

休憩中、仕事が暇な時、帰り際とシチュエーション別に話しかけて分析します。

人によって休憩中はなるべく話したくない、仕事が終わったあとの帰り際なら世間話をするなどは人それぞれ考え方が違うのです。

いろいろ試してから結論を出しても遅くはないといえるでしょう。

最後に

今回は嫌われているのは思い込みとして、原因や克服法をお伝えしてきました。

ですがもしこの記事を読んだあとで本当に自分が嫌われているとわかったら。

それは気にしないことが一番です。

ではどうしたら気にしないようになれるのか。

それはあなたを嫌っている人よりも自分を好きでいてくれる人を増やすことです。

そのためには自分の好きなものをアピールしていきましょう。

好きなことが明確な人の周りには理解してくれる人が集まります。

本好きな人には本好きが料理でも旅行でもかまいません。

比率の問題ですが同じことを好きな人が集まればあなたを嫌う人数は変わらなくても以前よりは気にせず過ごせるようになるはずです。

タイトルとURLをコピーしました