職場で男に媚びる女子!隠れた心理と「うんざり」しない対処法

この記事は約6分で読めます。

わぁー。すごぉ~い、さすがですねぇ~

また始まった。今は仕事中ですよ。

言っときますけどそのボディタッチ、反対ならセクハラですからね。

会社の中には男性や権力者に媚びることで自分の立場を主張する人がいます。

「なにがいけないの?」と思われるかもしれませんが、媚びる女性の対処はとても厄介です。

見ていてうんざりするけれど悪い事をしているわけではないし、被害を受けているわけでもない。

まして男性が気付いていないので注意することができません。

うっかり注意して逆にこちらが注意されてしまったら…。もう本当に面倒なのです。

そんな女性と一緒に働くために

・どう関わっていけばいいのか
・ストレスなく職場で過ごすにはどうしたらいいのか

知っておくことが大切です。

相手と上手に付き合って平穏な日々を過ごしましょう。

スポンサーリンク

男の前で態度を変える、媚びる女子の隠れた心理

とにかくモテたい

職場に出会いを求めている。

社会人として過ごしていると異性との出会いは極端に少なくなります。

そこへ寂しい相手が欲しいと感じたとき、一番出会いがあるのは職場です。

人が他人に好印象を抱く確率は顔を合わせる回数が多ければ多いほど上がることがわかっています。

さらに周りには内緒。という特別感があるため社内恋愛は盛り上がるのです。

そんな時に声がワントーン高くなる、急に語尾を延ばしてボディタッチをすれば、明るい子、かわいい子と思われるでしょう。

男性女性ともに同じ対応ならば妹キャラ、人懐っこいで済まされますが、男性だけに態度が違うのはモテたいということなのです。

ほかの女子に一目置かれたい

マウンティング女子自分が優位に立つために男性に媚びています。

その心理には女子の中でバカにされたくない、認められたいという思いが隠されているのです。

女子はグループ行動を取るためどうしても職場カーストができてしまいます。

媚びる女子は1軍に入る方法として自分が情報通であること、課長クラスしか知らないような内部事情を他の女子社員よりも知っているなど、自分にも権力がある、強い力のある人と一緒に行動することを選ぶのです。

例えば「○○さん転勤するんだって」という会話でも「部長から聞いて先月から知ってたけど正式な辞令がでるまで黙ってたんだ」という具合です。

上司と仲がいいことをアピールして自分の力をアピールしたいのでしょう。

言い換えればそれだけ自分に自信がないということです。

仕事を思い通りに進めたい

好きな仕事だけをしたい、楽をしたい、もっと責任のある仕事をしたい。

会社では本当はこうしたいけれどやらせてもらえない、思い通りにならないのはよくあるでしょう。

そのストレスを解消する方法それが媚びを売ることなのです。

自分の実力がどうであれ上司に頼んで仕事を選ばせてもらえます。

難しい内容でうまく回っていなくても上司から「フォローしてあげて」なんて言われたら、やっぱり断れないでしょう。

こんな女子と一緒に仕事をするのは非常に厄介です。

権力を使って人に仕事を押し付けて成果は全て自分のものにする。相手の気持ちは関係ありません。

自分が偉くなったと感じると人は他人の気持ちを考えなくなるのです。

媚びる女子に男性は気付いていないのか

答え:気付いてません

髪型やネイルを変えても男性は気付いてくれません。

男性脳、女性脳と言いますが

・女性は目の前の細かいことに気付くことが得意
・男性は広い空間をみるのが得意

つまり、女性の細かい変化に気付くことができないのです。

地図から目的地を探すのは得意ですが、家の中にある下着は見つけられないということです。

男性は外見の変化だけでなく、女性の細かな気持ちの変化にも鈍感なため、よっぽどわかりやすい媚びでなければ、気付いていないと考えるべきでしょう。

さらにタチが悪いのは、自分に好意を持たれて嫌な気がする男性は少ないということ。

たとえ媚びているのが男性にバレたとしても、頑張っていてかわいい。そう考えるのが男性脳なのです。

爽太:「だってミエミエだから可愛いんじゃん。見えなかったら可愛いと思えないよ。男って鈍いからさ。ミエミエくらいが調度いいんだって。頑張ってんなぁっていうのが、可愛いの。」
薫子:「それすら計算だったら?」
爽太:「いいんじゃない、別に。そこは計算通りになってあげても。なんも損してないし。こっちは可愛いもん見れて、それだけで幸せなんだから。」
引用:ドラマ「失恋ショコラティエ」3話

と、まあこれが男性というものです。

媚びる女子に「うんざり」しない対処法

聞きたくなくても声が大きくて聞こえてしまう、見たくなくても目に入ってしまう。

そんな時にはどうしたらいいのでしょう。

自然体で、生温かく見守る

冷静に観察をして反面教師にする。

相手によって態度を変えるのを見ていると性格が悪いとしかいいようがありません。

最後に好かれるのは自然体の人間です。

無理に相手を持ち上げることもしませんが、誰かを拒絶することもない。

一見つまらなそうにみえても裏表のない人間は、周りから信頼されるのです

他人の顔色をうかがうのはもうやめて本音を言えるようになりましょう。

他人のことは極力話さない

ちょっとした会話も上司にすぐに伝わってしまうので他人の話は極力控えるべきです。

もちろん自分の話も尾ひれがついてどんな風に上司に伝わるかわかりません。

同じ内容でもニュアンスの違いで全く別の意味になるように、自分の言葉が相手にどう伝わるかは誰にも想像できません。

人間は直接言われた言葉より他人を介して聞いた言葉を信じるものですし、わざと悪意を持って噂を広める場合もあるからです。

風評被害とでもいえばいいのでしょうか。

媚びる女子に他人の話をする時は、良い事だけに留めておくのがポイントです。

手柄を譲る

これは仕事を思い通りにしたい、責任のある仕事をしたいと考えている女子に有効な対処法です。

しかし手柄を譲って自分にメリットはあるのでしょうか?

媚びる女子は評価が上がって喜ぶでしょう。

でも私は?
大丈夫です。案外周りは誰が仕事をしているかきちんとわかっているのです。

平社員の間で噂になるとどうでしょう?先ほどと同じになりますが、人は直接言われた言葉より他人を介して聞いた言葉を信じるのです。

時間はかかりますが結果として上司の評価が上がるのは、手柄を譲ったほうなのです。

さらには他人に手柄を譲る懐の広さと、誰が見ていなくても真剣に仕事に取り組むという姿勢も評価されるでしょう。

気付いた時には媚びる女子よりも媚びないあなたのほうが、上司を含めた人に好かれているはずです。

感情を抑える、対抗心を抱かせない

「私もこの前○○さんとご飯したよ」

何気ない会話でも相手が対抗心を持つような男性の話はいけません。

こちらが何とも思っていなくても、です。

媚びる女子は男性全員の注意を引きたいのです。たとえあなたに特別な感情がなかったとしてもそんなのは関係ありません。

対抗心は媚びる行動がエスカレートするのでやめましょう。

また「へぇー、凄いね。今度はどこに行ったの?」など会話を広げることも調子に乗ってしまうのでやめたほうがいいでしょう。

媚びる女子の話は感情を抑えて聞く食いついたら終わりです。

そつなく会話をこなすなら「○○さんって言えばコピー用紙の発注まだしてないや」など別の話題にそらしていくとよいでしょう。

タイトルとURLをコピーしました