給食が食べられない病気【会食恐怖症】原因と私が克服した方法

この記事は約6分で読めます。

食事の誘いを必ず断る人、一人でないとご飯を食べない人、こんな人が身近にいませんか?

その人は変わっているわけでも、あなたを嫌っているわけでもありません。

それは本人も気付いていない「会食恐怖症」かもしれません。

私も小学生の頃は、給食が食べられませんでした

当時は病気という認識もなく「どうして皆と同じように食べられないのだろう」と自分を責めていました。

しかしこの病名をみつけた瞬間ずっと心にかかっていたモヤが晴れたのです。

多くの人はまだ病気と認識していないかもしれません。

今でも食事は得意ではありませんが、病名を知る事で自分を肯定でき少しだけ楽になれました。

今回は少しでも多くの人に「会食恐怖症」を知ってもらいたいと思い私の体験を記事にしてみました。

会食恐怖症とは何か?どうやって私は克服したのかお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

給食が食べられない病気「会食恐怖症」

ひとり

給食だけではなく、人前で食事がとれなくなる神経症です。

「会食恐怖症」とはなにか

会食恐怖症とは

●会食恐怖症

神経症(不安障害)社交不安障害(恐怖症)の1つに分類される精神疾患

●原因

残してはいけない、食べないとお昼休みがもらえないなど食事に対する不安や緊張

●症状

外食時や他人との食事の際の吐き気、めまい、動悸、嚥下障害、下痢

学校における「給食を完食するまでお昼休みを取らせない」完食指導

これが原因で給食のことを考えるだけで憂鬱になったり学校を休んだりする子どもが増え問題になりました。

※アレルギーで救急搬送などもあり平成19年から推奨はされていませんが、禁止もされていないため現在も一部で完食指導は行われているようです。

会食恐怖症の治療法

医師の中でも病気という概念は低いため確立された治療法はまだありません。

とはいえ病院では緊張や不安を和らげる薬「抗不安剤」が処方されるのが一般的なようです。

具体的には「うつ病」に使用される薬です。

恐怖症なので認知行動療法も選択されるようですが、実施例は少ないようです。

「会食恐怖症」は生きづらい

「会食恐怖症」になると学校ではいじめの対象になるかもしれません。

社会人ならば忘年会や、お客さんの接待が苦痛で仕事に影響がでるかもしれません。

人前で食事ができないということは、友人関係、恋愛、仕事など生きること全てに影響します。

黙っていては社会に溶け込むことができません。

とはいえ打ち明けたところで理解してもらえるのか?

そもそも病気と思ってもらえないかもしれない。

実際まだ認知度の低い「会食恐怖症」をわかる人は少ないでしょう。

結局誰にも打ち明けることもできず、生きづらさを抱え苦しむのです。

私も給食が食べられない病気「会食恐怖症」でした

stop

もともとは、潔癖症でした。

会食恐怖症の原因は「見られていた」こと

もともとは潔癖症で外食やお正月など、他人の食器で食事をすることが苦手でした。

両親にとって私が食べないのは普通のことでも、親戚の人達は心配します。

いろいろ食べ物をすすめては、私が食べる食べないをじっと見ています。

少し食べれば「これが好きなの?」と騒ぎ立て、ほかの食べ物まですすめてくるのです。

ちょうどその頃、姉から「食べる姿が汚い」と言われたのを気にしている時期でもありました。

潔癖症だから食器を使いたくない。

食べるとしても私の食べる姿は汚いから見られたくない、でも親戚の人たちは私に食べさせたがっている。

正直パニック寸前でした。

そしていつの間にか食器が汚くて食べたくないという気持ちから、口を開く(食べ物を口に含む)ことができないに変わっていきました。

無理やり食べ物を口に入れたとしても、いつ飲み込んだらいいのかわからない。

飲み込むタイミングを変だと思われないか?口に含んだままのほうがおかしいか?

潔癖症も手伝って吐きそうになり、飲み込むこともできません。

そしてついには食事を想像するだけで、吐き気がするようになってしまったのです。

1人だと普通に食べられました

給食が食べられない期間は小学校6年の終わりまで

はじめの頃は少しは食べていましたが小学校2年生の時、担任の給食の指導が厳しく3年生になる頃には全く食べられなくなりました。

バナナの皮のむき方まで見られていたのは辛かった

私が給食を食べないことは当然学校でも問題になり、よけいに教師が食べる姿を観察するようになったのです。

なんとなく「食べるのが恥ずかしい」「見られるのが怖い」とは伝えられず「まずくて食べられない」と嘘をつきました。

心配して教師が声をかけてくれるのも、正直とても嫌でした。

仕方なく食べようとすればクラスメイトからも「食べるかも」と冷やかされ、あおられ、もうどうにもならなくなっていました。

本当は私もみんなと同じように給食が食べたい。

このままではいけないのは自分でも解っていましたが、意識すればするほど食べられなくなりました。

給食が食べられない・転機は中学校入学だった

学区の関係で私の小学校から同じ中学にいく子はごく少数でした。

知らない人達、新しい環境。給食を食べるなるならここしかない子ども心にそう思いました。

本当はお腹も空くし、食べたかったのです。

幸運なことにその頃には潔癖症はだいぶ改善されていて、我慢すれば家族の食器を使えるまでになっていたのです。

もちろん最初は緊張しましたが、知らない環境の中で私を観察する人は誰もいませんでした。(当たり前ですね)

まずは牛乳だけ。それも無理な時は「まずい」ではなく「食欲がない」と言いかえました。

誰もみていない。誰も気にしていない。自分に言い聞かせました。

ちなみにお箸、スプーン、フォークは自分で用意する決まりだったのでそこにも助けられました。

不思議なことに一度完食してしまった後は「今度は残したら見られるのではないか」と不安を感じはじめました。

食べたほうが目立たない。

そう考えた結果「めずらしく残しているね」と言われたくないがために完食するまでになりました。

会食恐怖症の克服法は「食べようとしない」こと

食べるリス

知識がなかったとはいえ私の場合はかなりの荒療治でした

病気でない人でも「誘われたけど今日は食事をしたくない」と思う日はあるものです。

それは胃が痛いとか、家に用意してある時などさまざまです。

そんな日に「今日はドリンクだけ」と言っても周りは「そうなんだ」と思うだけでそれ以上でも以下でもありません。

何が言いたいのかというと、人は理由がわからないから気になるのであって、普通に話せば特に気にしないということです。

会食恐怖症の人は、食べるのが普通という固定観念にとらわれすぎているように思うのです。

食べなくてもいい。

うまい言葉が見つからない時は「食べてきちゃった」「家族で外食に行く」などパターンを用意しておけばいい。

実際私も友人との食事の前に家で食べて行くことは多いです。

その時には「我慢できなくて食べちゃった」と言いますが、それで誘われなくなったこともありません。

まずは雰囲気になれること、そして気分がよければ食事にも挑戦してみることです。

自分で思っているほど人は他人の食べる姿に興味はありません。

どちらかといえば美味しそうだけど何を食べているのだろう。と人よりも他人の食べている食事に興味があるのです。

まずは信頼できる人に相談すること、そして飲み物からはじめてみてください。

タイトルとURLをコピーしました