【思い出は美化される】元彼と復縁したくなる理由が判明

この記事は約10分で読めます。

元彼を忘れられない。だってすごく楽しかったし幸せだったから。

忘れちゃえば楽になるのはわかるけど元カレ以上の人には一生出会えないと思う。

別れてすぐにはこんな感情にはるのはみな同じでしょう。

しかし1年たっても過去が楽しく思えるのは時間が経過することで実際に起きた事実よりも「思い出が美化」されているからです。

現実は何も変わっていないのに記憶だけが美化される。

不思議ですが私達の脳の中では記憶が書き換えられているのです。

なぜそんなことが起きるのか?記事の中で詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク

【思い出は美化】元彼と復縁したくなる理由

ハーバード大学の心理学教授、ダニエル・L・シャクターは「記憶と脳の7つの謎」という本で記憶エラーは7つあると書きました。

人の記憶の誤作動(エラー)の種類は
①物忘れ②不注意③妨害④混乱⑤暗示書き換え⑦つきまとい

思い出が美化されるのはこの中の「書き換え」に当てはまるとしています。

シャクターによれば
「今思っている感情にあわせて無意識に過去の経験(記憶)を書き換えてしまうため実際には起きていない内容に記憶が書き換えられる」
というのです。

「無意識に過去の記憶を書き換える」とは一体どういうことなのでしょうか?

理由①脳は勝手に「記憶を調整」しています

人の脳は「悪い事は忘れ良い事は正当化する」ようにできている。

人間は無意識に悪いことを思い出さないよう調整します。

悪い出来事を忘れてしまえば当然良い過去しか残らない。

つまり、付き合っていた時の悲しかったり喧嘩したりした嫌な思い出は抑え込まれるため結果として楽しい事ばかりを思い出すようになるというわけです。

良い事ばかり思い出す記憶の調整

<過去>悪い事の思い出

<調整>悪い事の思い出(抑え込む)

<現在>忘れる(思い出さない)

良い事の思い出はそのまま残って変わりません。

過去が楽しいと感じるのは、嫌なことを忘れちゃうからなんだね

理由②「記憶の復習」で過去は書き換えられていく

勉強を覚えるためには1度ではなく何度も復習したと思います。

これは記憶にとっても同じことで脳は一度覚えた物を思い出すときより強く記憶します。

「記憶の調整」で楽しい事を思い出しさらに何度も「復習」をする。

この復習こそが記憶の書き換えになるのです。

最低だと思って別れた彼のなのに数年たったら笑い話。

これも「書き換え」によるものです。

過去の出来事は変わりませんが復習で過去の感情は書き換わります。

つまり思い出せば思い出すほど楽しかったことだけを強く記憶してしまうのです。

楽しかったことを何度も復習してるから、思い出は美化されて復縁したくなるんだ!

反対にすっごく嫌なことを覚えてる?

このような人もメカニズムは同じです。

嫌な思いでもインパクトが強ければ何度も思い出して復習してしまいます。

過去を思い出すときの特徴は「いい思い出」か「悪い思い出」どちらか極端に傾いていることです。

なんでもない日常を思い出せないことからも記憶が変わっていることは実感できると思います。

元彼を忘れちゃダメ!正確に思い出せることが大事な理由

記録を書く

思い出すほど思い出が美化されてしまうなら思い出さないことが一番効果的。

でも悲しい時ってふと気づくと元彼を思い出していますよね。

忘れようとするのは逆効果?

「忘れなくちゃ」と思うのはすでに思い出しているということです。

「カリギュラ効果」と心理学では言いますが人には禁止されている事ほどやってみたくなる心理があるのです。

この心理で考えるならば「思い出してはいけない」「忘れなければ」と思えば思うほど元彼を思い出してしまうことになります。

ですから無理することなく普通にしていることが1番です。

つまりいくらでも思い出していいのです。

しかしここで注意点

思い出すなら具体的に正確に記憶を美化しないことが条件です。

関連記事急に束縛彼氏になったら要注意!たった一言で浮気を見破る会話術 

正確に思い出す記録術・①紙に書く

思い出が美化されていないか確認作業をしてみましょう。

なんとなく。ではなくはっきりとした事実を確認することで過去に戻りたいという気持ちを薄れさせていきましょう。

ポイントはその時の状況をきちんと書き出し良い出来事も悪い出来事も同じように思い出すことです。

正確に思い出してみよう

①どんな状況で
②何を言われて
③自分がどう感じたのか
一緒に考えてみてください。

ギャンブル好きでお金がなくなった時、いつもお金を借りに来た。
②いつも「次の給料日には必ず返す」と言っていた。
③実際返してくれたけれど、お金にルーズで将来に不安を感じたから別れた。

自分が損したわけじゃないしちゃんと仕事もしている。今思えばあの頃は楽しかったからヨリを戻したい。

ここで考えてみてください。

本当にいい事ばかりだったのか?嫌だった記憶が薄れていないか?

悪いところが1つもない人など存在しませんがわかっているのに見えなくなくなるのが思い出の怖い所です。

この女性は「金銭問題が原因で将来が不安」という記憶が薄れているのがわかります。

それと比べて良かった記憶(お金を返してくれた、仕事はしている)はそのまま残っているためにヨリを戻したくなっているのです。

嫌だった記憶は忘れないで!

正確に思い出す記録術・②思い出の品から記憶をたどる

思い出の品は捨ててはいけない!きちんと取っておきましょう。

思い出が美化されるのは正確に思い出すことができずに書き換えられているからでした。

ですから自分の記憶にだけ頼っていては、元彼はどんどん美化され復縁したくなるのは当然の結果です。

そんな時には思い出の品を見て先ほどよりも具体的に元彼の良い所や嫌な所を思い出していきましょう。

ここで注意してほしいのは「思い出の品=良い思い出の品ではない」ということです。

良い物だけ取っておき悪い品を捨てたのでは何の意味もありません。

不必要に元彼を美化することなく現実を見つめなければいけないのです。

そのためにはむしろ悪い思い出の品を手元に置いておくほうが美化を防ぐことができるでしょう。

復縁は意外と簡単、だけどおすすめしないワケ

ハサミで切る

ある研究では、60%の確率で復縁はできる結果となりました。しかしそこから長期間付き合う、もしくは結婚するのは6~8%だけでした。

じゃあ復縁しても92~94%は別れてしまうんだ!

復縁するだけならばそんなに難しいことではないということがわかるでしょう。

しばらく時間が経過した後で新しい自分以前とは変わった自分を見せることができば復縁はほぼうまくいくようです。

たとえば別れた原因が男性の浮気だったとします。

女性もその時は許せなかったでしょうがいざ別れて寂しくなると

「どうしてあんなに怒ってしまったのだろう」「もうしないと言ったのに信じない自分が悪かった」と後悔しはじめます。

時間が経っているので別れたときの怒りはもうありません。

この状態を「思い出美化フィルター」とします。

そんな時に男性があらわれ「しばらく会わないうちに落ち着いた」という印象を女性に与えることができたらどうでしょう?簡単に復縁できるというわけです。

ですが復縁した後に「思い出美化フィルター」は必ず外れます。

毎日一緒にいることに慣れると美化されていた記憶は薄れて現実を直視できるようになってきます。

男性が本当に変わっていれば別ですがほとんどの場合浮気をすることになり「あの時約束したのに!」と女性は最初に別れた時と同じ気持ちを繰り返します。

つまり「思い出美化フィルター」のまま、寂しさから復縁してもうまくはいかないことがほとんどなのです。

結局は1度目と同じ理由で別れるんだよ

相手は元彼でなくてもよい、思い出美化フィルター

「人は未来がみえなくなると過去にこだわるようになる」

ずっと「元彼が忘れられない」なんて言っていたのに新しい彼氏ができたとたん「そんな人いたね~」となる。女性あるあるですよね。

これにはきちんと理由があり美化された過去の彼氏ではなく、未来のみえる現実の彼氏によって過去のこだわりを捨てられたことが要因です。

ただし気を付けたいのは今彼と問題が起きた時、脳が「美化された元彼」を登場させてしまうこと。

現実がうまくいかないからと「美化された元彼」と比べて〇〇君はこんなことしなかった。

なんて今彼と別れても94%はうまくいかないのでやめておきましょう。

元彼と今彼をつい比べてしまう方は記憶が書き換えられているのです。

心あたりのある方は今すぐ「思い出美化フィルター」を確認してみて下さい。

この記事の参考にした本

タイトルとURLをコピーしました