【何人目が正解か】科学的に正しい結婚相手の選び方

この記事は約6分で読めます。

初恋の人だから結婚しました。出会った瞬間運命だとわかりました。35歳で初めてできた彼氏だから。

決断できる決め手がある人のほうがわずかでしょう。

ほとんどの人は初恋でも運命でもない、まして初めてできた彼氏でもない。

結局私は誰と結婚すればいいの?なんとなくじゃ決められない!

そう思っている方のために39歳までに付き合える可能性のある人数と、簡単な計算を使って結婚相手を決める方法を紹介します。

スポンサーリンク

7人の男性から最高の1人を選ぶ方法がある

この記事は「Think clearly」で紹介している「秘書問題」を参考にしています。


Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法

あなたは7人いる男性から、誰か1人を結婚相手として選ばなければなりません。

・選ぶ方法は以下の通りです

①付き合っている最中に結婚するか決めなくてはいけない
②2人同時に付き合うことはできない
③一度断った人とは二度と付き合えない

こんな問題をだされたら、どうやって結婚相手を選びますか?

繰り返すと、付き合っている時に結婚するか決める、二股はかけない、元彼とは復縁しない。状況は現実と同じです。

1人目がカッコよかったけど、7人目がもっとイケメンだったら?

全員確認しようとして、最後の1人(7人目)がマザコンだったら?

Think clearly」に書かれている方法数学定数e(=2.718)を使い、選んで行きましょう。

7人から選ぶとき、最初の2人とは結婚しない

簡単に選び方を説明します。
7人の男性を、数学定数ので割ります。答えは2.57ですね。

2.57人は無理だから2人にするよ!

①最初の2人とは結婚はせず、よかったほうの男性を基準にする
(1番目がよかったとします)
②3人目からは、1番目の男性よりも良いと感じた時点で結婚を決める

こうすることで先が見えない決断でも、一番良い男性を選べる確率がとても高くなるそうです。

そんなふうに割り切れない!

そう考える方もいるでしょう。

しかし7人逃して一生結婚できないことを考えれば、ほどほどの相手でも一緒にいられるほうがよいと思います。

納得がいかない方は、3人目まで様子をみてもいいかもしれません。

確かに、精度をあげることを考えれば100人の男性のうち最初の27人をスルーし、28人目以降で最初に出会った条件のいい男性と結婚するのが理想です。

しかしお見合いだとしても現実的な数ではありません。

39歳までに付き合う平均人数は7人

勘のいい方はお気づきでしょう。

今までさんざん言ってきた7人です。


画像出典:東京カレンダー

やはり人生経験が多くなればなるほど付き合った人数も増えていくようで、
高校生女子は2人〜4人
20代女子だと4人以上
30代女子だと7人〜10人以上
といった回答数が多かったです。
引用:タップル

上の表で計算すると平均6.97人、下のアンケートだと8.5人。

厳しいことを言いますが、女性の生物学的な価値は35歳を過ぎると下がる一方ですから、7人というのもギリギリのラインかもしれません。

しかも平均ですから、出会いがなければ一生で付き合えるのが3人ということもあるのです。

高をくくらず、高校大学と2人以上付き合っているならば、そろそろ結婚を意識するべきかもしれません。

何人目と結婚すればいい?

2人め以降で早いに越したことはない

ちなみにこんなアンケートもありました。

20~39歳の既婚女性242人のアンケート結果ではあなたが結婚を決めた相手は、何人目の彼ですか?
3人目  23.6%(57票)
1人目  22.7%(55票)
2人目  16.9%(41票)
4人目  11.6%(28票)
5人目  10.7%(26票)
6人目  5.0%(12票)
7人目  2.5%(6票)
10人目  2.5%(6票)
8人目  2.1%(5票)
9人目  0.4%(1票)
その他  2.1%(5票)
なんと通説通り、「3人目」がもっとも多い結果に!
マイナビウエディング結婚する確率が高いのは何人目に付き合う彼!?

計算をしなくてもだいたい5人目までで結婚している人が多いことがわかります。

みんな肌で感じてるのでしょうか?

というより数学定数e(=2.718)ってすごいですよね。

結論!2人目以降、5人目まで!

最後に

過去にこだわっている方、言いかたは悪いですが女性には賞味期限があるのです。

過去と比較をする人はどんなに最高の人と出会っても、結局はどちらも選べない最悪の結末を迎えます。

ですから悩んでいる時間がもったいない、完璧を求めてはいけないのです。

もし今あなたが悩んでいるなら、数学定数と自分を信じてみてくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました