【美人は得か】お金に困らない4つの理由とブスが美人に勝つ方法

この記事は約7分で読めます。
・美人は平均より年収が8%も高い
・美人は生涯で3,000万円得している

ある調査ではこんな結果がでたそうです。本当ならば羨ましいかぎりです。

つい妬んでしまうので実際どの程度の美人なの?

と思ってしまうところですが食事をおごられる回数だけを考えても美人が得をするのは簡単に想像ができるでしょう。

とはいえ何故それほどまでに美人にお金が集まるのでしょう?

今回は「美人がお金に困らない4つの理由」と「ブスだからといって諦めなくてよい方法」をお伝えしようと思います。

美人は本当に得なのか?


瞬間説得 その気にさせる究極の方法

この本から引用するとこうなります。

・美人が得。対人魅力の落差に精通している社会心理学にとってあまり驚くことでもありません。
・法廷でも美しい被告は罪を免れたり量刑が軽くなったりします。きれいな人はプラスなのです。

とんでもないこと言ってるけど大丈夫?

「ミネソタ大学の実験」でも美人は得をしていた

男子学生に10分間女性と電話をしてもらいました。
①「美人」の写真を渡し電話相手が美人と思った学生グループ
②「美人ではない」写真を渡し電話相手が美人ではないと思った学生グループ
この2つの男子学生の応対を調べたのです。

※実際に男子学生と電話で話したのは同じ1人の女性です!※

 「美人の写真」を見た学生の結果はこうなりました

  • 暖かい気持ちで親身になって話した
  • 積極的に話す
  • ユーモラスで社交上手になろうとした

実験では男子学生は好印象に見えるよう頑張って話していたのです。

そして残念ながら美人ではない写真を見た学生たちにはこのような態度はみられませんでした。

美人は得か?お金に困らない4つの理由

コインと葉っぱ

①美人は仕事をクビにならない
②美人の仕事は年収が高い
③美人には高収入な男が寄ってくる
④美人は結婚相手を年収入で選ぶ権利を持っている

この4つの理由について考えていきたいと思います。

case.1「美人はクビにならない」

あの人ぜったい顔採用!

こんなふうに思ったことありませんか?

以前私の働いていた会社に「元女優」さんが派遣されてきたことがありました。

彼女は病気が原因で女優をやめたのですが私の職場でも発作をおこし救急車を呼ぶことが何度かありました。

正直彼女がいると仕事にならなかったのですが、その時の部長の言葉がこれです。

でも顔はいいんだよなぁ~

そこなのっ!?

おもわずツッコミそうになったのを覚えています。

自分で言うのもなんですが、私が同じ病気ならすぐにクビ(派遣切り)になっていたでしょう。

この時私は美人はクビにならない!と確信したのです。

「顔採用」には反対ですが同じ能力の中から1人を選べと言われたとき反対の立場ならやっぱり私もイケメンを選んでしまことに否定はできません。

case.2「美人の仕事は年収が高い」

先ほどの女優もそうですが、美人しかできない職業であるアナウンサーやCAは平均と比べて年収が高いですよね。

もちろん医師や弁護士も高給ですが美人しかできないわけではありません。

とはいえ顔だけならば整形やメイクで乗り切れる可能性もあるでしょう。

しかしミスコンの応募条件に身長があることからも美人を決める要素に背の高さが関わっていることに間違いありません。

どのくらい伸びるかは遺伝で決まっていますし生まれ持った能力はどうすることもできません。

自分の能力を活かしたいと思うのは誰だって同じでしょう。

美人が美人にしかできない仕事を望むのは当然のこと。

つまり美人の年収は必然的に高くなるのかもしれません。

case.3「富裕層しか寄り付かない」

「高嶺の花」という言葉通りあまりにも美人すぎると男性は声を掛けられず尻込みしてしまいます。

しかしそこで心が折れないのが自分に自信のある男性です。

自信のある男性とは大抵はイケメン、高収入、著名人など社会的に認められている人物でしょう。

すると尻込みせず美人に声をかけられるのは高所得な男性やイケメンに限られてしまいます。

つまり美人であれば自分は何もしなくても自然と高収入の男性が集まってくるというわけです。

富裕層には経営者もいるでしょうからモデル兼会社役員なんて夢のような出来事もおこるかもしれませんね。

case.4「美人だけの特権がある」

高収入な男性の奥さんは美人が多いとは思いませんか?

厳しい現実ですが美人だけが結婚相手を年収入で選ぶ権利を持っています。

先ほどの「高収入な男しか寄り付かない」からも想像ができるかもしれませんが男性と女性の結婚相手に求めるものについて書いてみます。

情報提供元/マッチアップ編集部
結婚相手に求めるものNo.1を調査!男性は「見た目」、女性は「年収」

男性女性
1位見た目年収
2位価値観価値観
3位年齢年齢

男性・女性の1~3位を抜き出すとこうなります。このデータからわかることは

男性は自分の収入に関係なく「美しい人」と結婚したい

女性は自分の容姿に関係なく「高収入な人」と結婚したい

と言い換えることができるでしょう。

つまり自然に「美人+高収入な男性」が成り立つのです。

そう考えると高収入な男性の奥さんは美人で当たり前ともいえますよね。

私の職場でも「美人がいるだけでやる気がでる」なんて言う男性もいるくらいですから、本当に男性は美人が好きなんだと思います。

これが現実!?なにか方法はないの?

美人は得をするが、最後に勝つのは親切なブス

ブタとお金

今まで美人に肯定的な話をしましたが「じゃあ美人じゃないとダメなの?」

という疑問にお答えしようと思います。

言い方は悪いですが人は環境に適応する能力があるのでどんな環境や人間関係にもある程度は慣れることができるのです。

慣れるまでの期間に個人差はあるものの心理学的にはおおよそ3か月といわれています。

「美人は3日で飽きる」「ブスは三日で慣れる」なんて皮肉めいた言葉もありますが確かに出会って3か月は美人に人気が集まります。

しかし、3カ月も繰り返し会っていると「美人にもブスにも慣れる」これが心理学の真実です。

しかも見慣れた状態では美人よりも親切な人(親切なブス)に人気が集まることがわかっています。

つまり多少見た目が悪くても何度も繰り返し会い優しさや性格の良さを伝えることができればブスにも十分可能性があるといえるのです。

記事中で美人に対し「高嶺の花」という表現を使いました。

一見よさそうですが、これには美人というだけでハードルが上がってしまったり「美人なのに○○」とガッカリされてしまう危険も持ち合わせているのです。

期待が高まっているだけに少しでも悪い部分があると「やっぱり顔だけ」と言われてしまうのは美人の辛いところでしょう。

美人は初対面に強いため面接にも強くお金に困らないかもしれません。

しかし顔で負けてしまっても親切、優しさなど性格の良さをアピールすることで美人よりも親切なブスが人気を集めることができるようになるのです。

タイトルとURLをコピーしました