先延ばしを克服したい!自分を変えたい人に試してほしい【5つの方法】

まだ期限があると思っていたら、明日が締め切りだった!

夏休みの宿題を毎日やろうと決めたのに、最終日に大変な思いをして終わらせた

こんな経験のある人に読んでほしい!

気付くと先延ばしをしているあなたは、

人よりも意志が弱いわけでも

ダメ人間でも

ありません。

 

それは単に、正しい思考法を知らないだけ。

正しい思考をした人⇒計画通りにできる

間違った思考をした人⇒先延ばしをする

たったこれだけのこと。だから「ダメ人間だ…情けない…」なんて思う必要は、全くありません。

この記事では、先延ばしを克服したいと感じている人に知ってほしい5つのことをまとめました。

全て読んだら、自分に合うものを、その時の状況で使い分けられるようにしてください!

先延ばしをする理由はこちら

先延ばし癖3タイプ!当てはまったら要注意【あなたは大丈夫?】
人生を振り返えって「もっと勉強すればよかった」とか「あの時デートに誘えばよかった」「もっと実家に帰っておけばよかった」と後悔することがあると思います。 過去に戻ることはできないくせに「あのとき○○だったら」と悔やみ続けてしまう。 ...
スポンサーリンク

先延ばしを克服したい!自分を変えたい人に試してほしい【5つの方法】

マニュアル

①他人の成功体験を知る

他人の成功体験を知り、ポジティブになる

「やらなくてはいけないけれど、始められない…」

そんな時には

勇気をもらえる映画を見たり

本を読む

ことがおすすめです。

ジャンルは、アスリートの密着ドキュメンタリーや、闘病ブログ、映画、伝記など、自分の好きなもので構いません。

とくに効果が大きいのは、自分と似た境遇の人の成長の物語です。

病気と闘いながら頑張っている人を見た後に、

私も、もっと頑張らなくちゃ!

と前向きになった経験は、誰しもあると思います。

関連記事【幸せになりたい】死について考えて今の幸せを感じてみよう 

②失敗のパターンを知る

やるべき事ではなく、やってはいけない事に気付く

「今日こそは書類を書く!」そう決めたのに、気付くと違うことを始めてる…。

そんなときには、自分の先延ばしの原因を突き止めよう

やるべき事とは、別の行動をしている自分に気付いたら

行動を紙に書き出し、見える場所に貼りましょう

私の場合なら、

スマホ

テレビ

YouTube

と書き、部屋の壁に貼り付けます。

わかっていてもやめられない、やってはいけない事を紙に書くことで、禁止事項を自分に言い聞かせます。

逆にいえば、書類さえ書けば、スマホを見ていいのですから

書類を書くまではスマホ禁止!

と張り紙をして、電源を切ってしまうのもひとつの方法です。

③「それ」は誰の役に立つのか意識する

物事の必要性を意識して、モチベーションを上げる

ここでは、有名な「レンガ職人」の話のたとえ話を紹介します。

毎日レンガを積んでいる職人に「あなたは何をしているのですか?」とたずねました。

同じ質問に対し、1人の職人は、

壁を作っている

と答え、もう1人の職人は

大聖堂を作っている

と答えました。

同じ作業をしているのに、その作業にどんな意味があるのか知る人と、知らない人で答えが全く違ってくる。

そこが、この話の面白いところです。

当然、仕事の意味を知っている職人のほうが、モチベーションは上がります。

あなたのしているその退屈な仕事でも

「それ」が何になるのか

誰の役に立つのか

そう考えると

「〇〇のためになら。」とやる気が湧いてくるでしょう。

④サブゴールを設定する

ゴール(締め切り)を、自分で手前に設定する

一週間後にレポートを提出する予定なら、7つに分割し、1日単位のゴールを決めましょう。

7ページのレポートなら

1日1ページがサブゴール

毎日目標が達成されることで、モチベーションを高いまま維持しよう!

という考えです。

夏休みの宿題も

「問題集を一冊」より

「1日3ページ」

やりなさい、と先生にいわれたと思います。

ちなみに私は、時間を守ることが苦手なので、待ち合わせの10分前に自分でゴールを設定することで遅刻を防ぐようにしています。

⑤意志の弱さを自覚する

先延ばしが原因で起きた、嫌な経験を思い出す

「まずはご飯を食べてから」「この番組が終わったら…」

今さら急いだところで大して変わらない

そうやって、嫌な思いをした経験は今まで何度あったでしょうか?

今までギリギリで間に合った

期限を延ばしてもらい、なんとか乗り切った

そんなあなたにとって、先延ばしは当たり前かもしれません。

しかし、あなたと仕事をする人や、上司から見れば、あなたの印象は最悪です。

今回は間に合うのか、ダメなのか。毎回ヒヤヒヤさせられていては、仕事の出来がどんなに良くても、嫌味の1つも言いたくなります。

自分の悪い部分は認めたくないかもしれませんが、自分が意志が弱いことを自覚するのも大切です

先延ばしを克服したい!とはいえ、克服しすぎも害がある

今回は先延ばしを克服しよう!

と克服方法を紹介してきましたが、実は克服しすぎても人生には後悔が残ってしまうのです。

いまさら!?

そう思った方はすみません…。

とはいえ、説明させてください。

 

先延ばしとは、言い方を変えると

目先の瞬間を楽しむ➡未来に後悔する

ことですが

先延ばしを完全に失くすと

遠い将来を考えた行動➡結局未来に後悔する

ことになるのです。

わけわからん!

となった方、これからの説明で絶対にわかるので、ついてきてください!

たとえば、

目先の楽しみを優先し、遊びすぎて大学を留年した人は
➡「もっと勉強すればよかった」

と後悔し

将来を考え、全く遊ばず勉強をして大学を卒業した人は
➡「もっと遊んでおけばよかった」

と、どちらにせよ未来に後悔するというわけです。

未来のために、定年まで必死に働いて「家庭をかえりみない」と家族を失ったら意味がありません。

「大嫌いな皿洗い」の先延ばしを止めようと、ラーメンを作った後にお鍋を洗い、キッチンを掃除。ラーメンを食べる頃には伸びきっていたら、先延ばしを辞めたことに後悔するでしょう。

つまり物事には優先順位があり、何事にもバランスが必要ということです。

 

ラーメンくらいなら良いけど、人生においての優先順位は?先延ばしをした方が良いことってどうやって決めれば良いの?

「先延ばしをしたほうがいいこと」見分け方

【先延ばしすべき】こと【すぐやるべき】ことの見分け方→知らないと損
迷っている時間がもったいない。 考えるよりも行動しよう、やり始めればなんとかなる。 一般に先延ばしはせずにすぐ行動するほうが良いとされる傾向が強くあると思います。 このブログでも、先延ばしをする理由や先延ばしの克服法を紹介...

この記事の参考資料

タイトルとURLをコピーしました