心療内科と精神科の違い?料金は?予約の前に確認すべき7項目

この記事は約5分で読めます。

わたしは以前、うつ病と診断され心療内科に通院していました。

心療内科や精神科と聞くと変に思われるのではないか、どんな雰囲気かわからずに不安と感じる方もいると思います。

誰でも初めのことは不安です。

今回は、心療内科と精神科の違などについてお伝えしようと思います。

スポンサーリンク

心療内科・精神科との違い

心療内科

心療内科は「心身症」精神科は「こころの病」を治療します。

①精神科は「こころの病」

精神科は「こころの病」を治療するところです。

わかりづらいですが「心(脳)の異常」が原因で現れる、幻覚や妄想などの症状を治療しています。

原因不明のものもありますが、統合失調症、パニック障害、うつ病、認知症など「脳の機能に問題が起きている」と考えられる病気を対象としています。

②心療内科は「心身症」

心療内科は、ストレスが原因で身体に出た症状(心身症)を治療してくれるところです。

具体的には胃潰瘍や、蕁麻疹といった「ストレスが原因」の病気を本来の対象としています。

とはいえ「心療内科」としていても、うつ病など「こころの病」を診ている場合がほとんどです。

なぜなら「精神科」と看板を出してしまうと、抵抗を感じる人が多いから。

③どちらを選ぶべきなのか

最近では「メンタルクリニック」と看板を出しているところもありますね。

最初はどこを選んでも問題ないでしょう。しかし違いは知っておくべきです。

人に知られたくないのなら、総合病院もありますし、家から近いところでも構いません。

どうしても選べない場合は、精神科と心療内科が併設されている病院を選ぶのがおすすめです。

厚生労働省のサイトに移動します
全国の精神科と心療内科をまとめています
こころの耳「精神科・心療内科などの医療機関」

心療内科・確認すべき独自ルール

他の病院と違う点の説明です。

④初診には、予約が必要

症状がでたら早めに「予約」しておきましょう。

受診したいと電話をかけても完全予約制のため、人気の病院は2ヶ月、3ヶ月待ちという所もありました。

行くとわかるのですが、心療内科はカウンセリングに時間がかかるため、1時間に2人など診察の枠が決まっているのです。

初診では1人1時間以上かかることもあり、週に1度しか診察をしていないところもありました。

最近落ち込むから心療内科に行ってみよう。と考える人は少ないと思いますが、待機期間を考えて 先に予約しておくほうが良いでしょう。

もし症状が軽くなったら予約は取り消せばいいですし、本当に症状が辛くなると外出はおろか、スマホを見ることもできなくなるので要注意です。

⑤初診料はいくら用意すればいいの?

  • 初診:2,500~5,000円
  • 再診:1,500~2,500円

※保険適用の場合、お薬代は別にかかります。

⑥診察時間はどれくらい?

  • 初診:40分
  • 再診:5~20分

病院によってかなり変わると思います。私の場合、初診は問診なども含め全部で1時間ほどかかりました。

予約の際にどのくらい時間がかかるか聞いてみると良いでしょう。

⑦相談するのは医師?カウンセラー?

医師の診察のあと、カウンセリングを毎回50分程度する所もあるようです。

医師は薬、カウンセラーは心のケア、と役割分担をしています。

専門家に相談したい、あまり人と関わりたくないなど自分に合うところをきちんと調べておくことが必要です。

心療内科・予約が済んだら診察に行く

マインドマップ

今回は、心療内科の受診前に知っておきたいことについてお伝えしました。

このあと私がはじめて受診したのは、近所の内科医院でした。

内科と心療内科が一緒になっていて、ご夫婦でそれぞれ担当していました。

選んだ理由は、看板が「○○医院」なので外部の人にはどちらに来ているのか分からないということ。

名前を呼ばれた後の診察室でわかってしまいますが、心療内科に通っているのを隠したい人には併設されている所がおすすめです。

続きはこちら↓↓実際の診察や、問診についてまとめています
初めての心療内科!何を話す?初診までに知っておきたい診察の流れ 

おススメの本

タイトルとURLをコピーしました