【できる人から辞めていく】優秀な人が退職したい4つの理由

この記事は約5分で読めます。

仕事ができる人に限ってすぐ辞めちゃうんだよね

あの人ならこんな所じゃなくて、もっといい会社がみつかるよ

今回はこんな疑問にお答えしていこうと思います。

確かに仕事のできる人はどこでもやっていけそうです。

しかし能力の高くない人からしてみれば、わざわざ転職のリスクをとる必要はないように思いますよね。

【できる人から辞めていく】4つの理由

①できる人は、都合よく使われる
②できる人が問題点を指摘しても、改善されない
③できる人は、今以上の成長をさせてもらえない
④仕事のフリをすると上司の評価が上がるから

では、それぞれ順番に見ていきましょう。

①できる人は、都合よく使われる

アイツらに任せられると思う?仕事はできる人に集まるんだよ

できる人?普段から「あいつは仕事の態度に問題がある」「生産性に欠ける」なんて言っている上司も、困った時には頼ってきます。

仕事のフリをしている人は、そんなことは計算済みで仕事をしているのです。

なんで自分だけと思っても、仕事が速いというだけで、周りは余裕があると勘違いをしています。

理屈で考えれば効率よくこなしているのだから、働いた分の給料を請求したいところですが、そこは仕事だから。という感情でうやむやにされてしまうのです。

②できる人が問題点を指摘しても、改善されない

今までどおり、変更なし。落ち着いたら考えるから

常に新しい方法や、問題点を探したり、できる人は改善点にもすぐ気が付きます。

ですが上司からは、今のやり方に満足できない、文句ばかり言う面倒な奴、と思われていることもしばしばです。

上司からは面倒くさい、仕事のできない人からは、新しい方法を覚えられないなど、問題点を指摘しても無視されるのは辛いものです。

最終的には「このやり方考えたの、部長だから」そんな職場ではやる気がでないのも当然です。

③できる人は、今以上の成長をさせてもらえない

他の部署に異動したい?今抜けられたら困るのわかるよね?

普段は「面倒な奴」「態度が悪い」と言っておきながら、いざ異動を希望すると手のひらを返して引き止めます。

仕事のできる人は、職場の中に尊敬できる人や、新しく覚える事がなくなると、更なる成長できる場所を求めます。

できる人ほど高い所を目指し努力するのは、新しいことを覚える楽しさを知っているから。

ゲームで難しい面をクリアして、次のステージにいく感覚と仕事を重ねているのです。

それを阻止しようとする上司では、いつまでたっても部下から尊敬はされないでしょう。

④仕事のフリをすると上司の評価が上がるから

なかなか衝撃的だと思いませんか?

工場で働く優秀な社員の話を聞いてみました

他の社員が1台ずつやる作業を、自分だけ2台ずつやれって言われてる。まわりが8時間かける仕事を4時間で終わらせるのだから、手の空く時間も増えてくる。それで休憩や雑談をしていると「他の仕事をしろ」「生産的じゃない」って。ほかの社員の倍仕事してるのになんで文句言われるのかわからない。

仕事のフリなら、休憩せずに頑張れるから上司の評価が高くなる

仕事のフリをする人達は、決して仕事のできない人ではありません。

彼らは仕事の能力が高いとわかれば、仕事量を増やされることを経験からわかっているのです。

彼らは4時間で終わる仕事を8時間かけます。

そして雑談や休憩などは取らない代わりに、ゆっくりと疲れない程度の仕事に調整しているのです。

彼らは、人間は理屈よりも感情に動かされることを知っています。

結果として
上司は(実際に)多くの仕事をしている人よりも、見た目で頑張っている人のほうが感情を動かされるため高い評価をしたくなるのです。

つまり、いくら多くの仕事をこなしても、その分休憩していれば上司は悪い部分を見た感情で「できる人」の評価を下げるのです。

あいつ、仕事はできるけど性格がなぁ・・・

これを我慢できるかできないかで、今後の選択は変わってきます。

できる人から辞めていく・考える選択肢は3つ

自分も仕事のフリをする

もう仕事の噂は他の部署にも伝わっています。

たとえ他部署に異動できたとしても「態度は悪いが、仕事は速い」最初からそんな評価でスタートします。

そんな中で突然仕事のフリをするには、相当なメンタルが必要です。

とはいえ、今まで「フリ」が出来ずに効率よく仕事をこなしてきてしまったということは、そもそも「フリ」のできない性格なのです。

相当の気合があれば別ですが、仕事のフリなど楽しくないですので諦めたほうが良いでしょう。

今の職場で頑張り続ける

そのまま仕事を頑張っていると、仕事の空いた時間に、まわりのフォローを頼まれるようになりました。

ですが思い出して下さい。仕事のフリをする人達は、決して仕事のできない人ではないということを。

彼らは仕事の能力が高いとわかれば、仕事量を増やされることを経験からわかっているのです。

私がフォローすることは、彼らの仕事が早く終わり仕事量が増えるということ。

当然いい顔はされません。

何よりも責任のある仕事ができないと、だんだん虚しくなってきます。

これでは会社にも本人にも良い事は何もなく、転職をするきっかけを作るだけになってしまうのです。

給料なんて上がっても微々たるもの、肩書なんていりません。

虚しいままの仕事では、やる気が戻ってくることはありませんでした。

私の価値はどこにあるんだろう。

すると会社を辞める道を選びたくなる、というわけです。

転職する?しない?

今の会社を辞める前に、自分の価値を診断しよう

冷静になって現実をみるのもアリ

仕事をあまりしない人は給料は安くてもいいですが、仕事を頑張っている人やできる人は同じ給料では満足できません。

本来優秀な人、できる人にはそれなりの報酬があるべきですが、会社の給料は決まった金額しか増えません。

ミイダスの特徴は、自分と似たスキルの人の「転職実績」や「どのくらいの年収の会社に転職したのか」を調べることができるところ。

今の給料がすごくよければ転職しない決断もできますよね。

今の職場に限界を感じた時、逃げ道があるのとないのでは精神的に大きく変わってきますから、保険のつもりでミイダスに登録しても損はないと思います。

▼無料診断はこちら▼
あなたの本当の価値を見いだすミイダス

 

タイトルとURLをコピーしました