【できる人から辞めていく】優秀な人が退職したい4つの理由

この記事は約7分で読めます。
スポンサーリンク

仕事ができる人に限ってすぐ辞めちゃうんだよね

あの人ならこんな所じゃなくて、もっといい会社がみつかるよ

仕事のできる人は、どこでもやっていけそうです。

周りからすれば、職場でうまくいっているのに、わざわざ転職のリスクをとる必要はないと感じてしまいますよね。

今回は、できる人から辞めていくのはどうして?

こんな疑問に、仕事のできる人は

普段の仕事で何を感じているのか
どうして辞めたくなるのか

お伝えしようと思います。

スポンサーリンク

【できる人から辞めていく】優秀な人が退職したい4つの理由

理由

ここで紹介するのはこの4つ

できる人は、都合よく使われる
問題点を指摘しても、改善されない
今以上の成長をさせてもらえない
仕事のフリのほうが、上司の評価が高くなる

では、順番に見ていきましょう。

①できる人は、都合よく使われる

この仕事、アイツらに任せられると思う?
仕事はできる人に集まるんだよ

普段から、

仕事はできるけど、態度に問題がある
もっとできるのに、手を抜いて生産性に欠ける

なんて悪口を言っている上司が、困った時には当たり前に頼ってきます。

なんでいつも自分なんだよ!

そう思っても、周囲からは、

仕事ができる・速い=余裕がある

と思われているので、余計な仕事を押し付けられることが多くなります。

仕事のできない人や、悪知恵の働く人は、余計な仕事を頼まれないよう、計算しながら仕事をしています。

だったら、多く働いた分の給料を請求したい!

そう思っても、「あなたにしか頼めない」など、変に持ち上げられるだけです。

素直に喜べる性格ならいいですが、「そこは仕事だから」と、押し切られ、モヤモヤした気持ちだけが残ります。

なんか不完全燃焼~

②問題点を指摘しても、改善されない

今までどおり、変更なし!
落ち着いたら考えるから。

仕事のできる人は、

新しい方法や、問題点などいろいろな面に、すぐ気が付きます。

問題点を指摘しても、上司からは、

俺のやり方に満足していない
文句ばかり言う面倒な奴

と思われるのが、関の山。

仕事のできない人からは、新しい方法を覚えられないから変えないでほしい。など、改善案を提示しても、無視され続けます。

最終的には「このやり方考えたの、部長だから変えられない」そんな職場では、やる気がなくなるのは当然です。

③今以上の成長をさせてもらえない

他の部署に異動したい?
今抜けられたら困るのわかるよね。

普段は、

面倒な奴
態度が悪い
使いずらい

と言っておきながら、いざ異動を希望すると手のひらを返して引き止めます。

仕事のできる人は、向上心が高いため

職場の中に尊敬できる人や
更に成長できる仕事を求めます

新しく覚える事がないのがツライ……

できる人ほど、高い所を目指して努力しますが、それは新しく覚える楽しさを知っているからです。

ゲームで難しい面をクリアして、次のステージにいくのはワクワクしますよね。

それと同じで、できる人は仕事でも、新しいステージにいく感覚を求めているのです。

それを阻止しようとする上司からは、離れたくなるのも仕方のないことでしょう。

④仕事のフリのほうが、上司の評価が高くなる

間違いではありません、仕事のフリをする人間のほうが、会社では高く評価されるのです。

信じられませんが、事実です。

工場で働く、優秀な社員の話を聞いてみました

他の社員が1台ずつやる作業を、自分だけ2台ずつやれって言われてる。まわりが8時間かける仕事を4時間で終わらせるのだから、手の空く時間も増えてくる。それで雑談をしていると「他の仕事をしろ」「生産的じゃない」って…。
ほかの社員の倍仕事してるのに、なんで文句言われるのかわからない。

いくら多くの仕事をこなしても、その分休憩していれば、上司は悪い部分を見て「できる人」の評価を下げるのです。

一方で、休憩せずに仕事のフリをした場合、ずっと仕事をしているように見えるため、上司の評価が上がります。

ここまで読んだ方はお気づきでしょうが、

仕事のフリをする人は、決して仕事のできない人ではないのです。

仕事の能力が高いとバレれば、仕事量を増やされることを経験から知っている!

彼らはわざと、4時間で終わる仕事に8時間かけ、雑談しない代わりに、疲れない程度の仕事に調整しています。

休憩を取らず仕事をする姿を見て、上司は

(実際に)多くの仕事をしている人よりも
見た目で頑張っている人

に高い評価をするのです。

おかしいですが、実体験です

人は、理屈よりも、感情に動かされる生き物です。

いくら多くの仕事をこなしても、その分雑談していれば、上司は悪い部分を見た感情で「できる人」の評価を下げてしまいます。

あいつ、仕事はできるけど性格がなぁ・・・

これを我慢できるかできないかで、今後の選択は変わってきます!

スポンサーリンク

「できる人から辞めていく」考える選択肢は3つ

①自分も仕事のフリをする

社内の噂は、自分が思っているよりも広まっているもの。

たとえ念願叶い、他部署に異動できても「態度は悪いが、仕事は速い」最初からそんな評価でスタートです。

ここで突然「仕事のフリをする人」になるには、相当なメンタルが必要です

とはいえ、今まで「フリ」をせず、真面目に仕事をこなしてしまったあなた、

そもそも「フリ」のできない性格です

相当の気合があれば別ですが、仕事のフリなど楽しくありませんし、今更やろうと思ってできるものでもないので諦めたほうが良いでしょう。

②今の職場で頑張り続ける

そのまま仕事を頑張っていると、どうなるのでしょう?

私は、仕事の空いた時間に、まわりのフォローを頼まれるようになりました…。

「まわりのフォロー」。ですが思い出して下さい。

仕事のフリをする人は、決して仕事のできない人ではないということを。

彼らは仕事量を増やされるのが嫌で、フリをしているのだと…。

つまり、私がフォローするということは、

彼らの仕事が早く終わり

仕事量が増えるのです

当然いい顔はされません。

何よりも、フォローばかりで自分の仕事がないと、自分自身、だんだん虚しくなってきます。

これでは

会社にも
同僚にも
自分自身にも

良い事は何もなく、転職をするきっかけを作るだけになってしまうのです。

給料なんて上がっても微々たるものだし、周りからは疎まれる。

虚しいままの仕事では、やる気が戻ってくることはありません。

私の働く価値は、どこにあるんだろう

仕事のフリをするのか
疎まれたまま、頑張り続けるか

残された選択肢は、あと1つ。

③転職について考える

今の会社を辞める前に、自分の価値を診断しよう

冷静になって、現実をみるのもアリ

仕事をあまりしない人は、給料は安くてもいいかもしれません。しかし、頑張っている人・できる人が同じ給料なのは、やっぱり納得できません。

本来優秀な人、できる人にはそれなりの報酬があるべきですよね。

「うちは昇給するよ!」なんて会社でも、マニュアルに沿った、決まった金額がほとんどです。

頑張っても、頑張らなくても、同じ会社で同じ勤続年数なら、だいだい給料は同じです。

つまり、今の会社にいる限り、仕事量に見合った給料が支払われることはありえません。

「じゃあ、どうしたらいいの?」

私は、転職を選びました

最後に:できる人は転職について考える

どちらを選ぶか今回は、なぜ「仕事ができる人から辞めていく」のかお伝えしてきました。

そしてもし、あなたが「仕事のできる人」で転職を考えているならば、

「いきなり求人を探すのは効率が悪い」ことをお知らせしておきます。

まずは、自分と似たスキルの人の「転職実績」を知りましょう

具体的には、

どのくらいの年収の会社に転職できるか

自分の条件に合致している会社の数

同じような経歴の人がどこに転職したか

相場を把握すること。

まずは、給与相場を知るためミイダスに無料登録してみましょう。

もしかしたら、今の会社の給料が、ずば抜けて良いかもしれません。

転職しない決断をすることも必要です!

とはいえ、今の職場に限界を感じた時、逃げ道があるのとないのでは精神的に大きく変わってきます。

ミイダスなら、登録さえ済ませておけば、企業からオファーがくることもあるので、自分から動く必要もありません。

全員に転職をすすめるわけではないですが、今の職場に限界を感じた時の保険は絶対に必要です。いざという時の逃げ道を、作って損することはありません。

タイトルとURLをコピーしました