仕事ができない!できる人が無意識にしている7つの秘訣

この記事は約7分で読めます。

仕事ができない。頑張っているのにどうしてなの?仕事ができたらもっといろいろ言えるのにな。

仕事ができないと思うと引け目を感じ一歩引いた発言をしてしまう。

みんな仕事ができるのに、自分だけ雰囲気に乗り切れていない。

どうやったらもっと仕事ができるようになるの?

今回はそんな人のために、仕事ができる人は自然にできているけれど、仕事のできない人は意識しないとわからない7項目を紹介します。

スポンサーリンク

仕事ができる人。無意識にしている7つの秘訣

ノートとスマホ

順番に紹介していきますね。

①自分をアピールしている

「わからない、じゃなくて調べなさい」こう言われたことないですか?

少し難しそうな仕事を頼まれたとき、あなたの反応はどうでしょうか。

「できるかな、大丈夫かな」と心配そうな顔をしていませんか。

これでは相手も心配になり仕事を頼みづらくなってしまいます。

「わかりました、やってみます」まずはこう言って相手を信用させましょう。

アピールといってもこれだけです。自信がなくても口にだしてしまったことは、必死になってがんばるでしょう。

仕事のできる人は、わざと自分にプレッシャーをかけて仕事の成果をだしています。

その代わりに、と雑用ばかりしていても「ありがたい人」になるだけで「仕事のできる人」にはなりません。

難しい仕事を1人でしなければいけないなんてことはありません。

わからないことは調べればいいし、人に聞くのも決して悪いことではありません。

宮永ここの

できる人は聞けばいいのがわかっているから自信のある発言になるんだね

②「相手が喜ぶ断り方」を知っている

仕事が間に合わない時は誰にでもあるでしょう。

「明日の朝でいいですか?」では仕事ができない上にやる気もないと思われても仕方がありません。

なんだか諦めているようにも感じられるのでよくありませんね。ではどう言えばよかったのでしょう。

「明日の朝までやらせてもらえませんか?」

言っている期間はどちらも同じですが、このほうが向上心を感じます。

すると明日まで待てば良いものができるなら待とうかな、と相手も嫌な気持ちにならないのです。

口にだしたら1秒も変わらない差なのに印象は大きく変わります。

断るときには、相手の望んでいるニュアンスを含ませることが大切です。

どうしようと悩んだ時には相手が何を言われたらうれしいか、何を望んでいるのか考えれば不快な思いをさせない言葉が思いつくでしょう。

③名前を覚える努力をしている

人は名前を覚えてもらうと見られている、自分に興味がある、関心を持たれていると感じます。

顔と名前の覚えがいい人は仕事ができるという調査結果もあるほどですが、仕事ができる人が覚えるのは人の名前だけではありません。

相手の会社の商品名や、出来事もきちんと覚えているのです。

「こないだ商品を買ってくれた宮永さん」より
「こないだ○○店で××を買ってくれた宮永さん」
のほうが人はうれしく感じます。

宮永ここの

覚えてくれてるんだ!またこの人から買いたいな

社内の人間関係でも同じことで

「こないだ携帯変えたって言ったでしょ」に対して

「スマホだよね」という人よりも

「アイフォン11だっけ」のほうが好かれます。

好かれている人は仕事でも助けてもらいやすくなり、結果として良い仕事ができるのです。

話すことが苦手という人も、相手が言っていた具体的な名前を覚えることで話が広がりやすくなるので気にかけてみてくださいね。

④メモがわかりやすい

どんなに優秀な人でも仕事を1度で覚えることは大変です。

誰でもメモを取るでしょうが、仕事のできない人はせっかくメモを取ってもそれを探すことができません。

どこかに書いたことは覚えている。でも見つからない。

パソコンで管理するのもよいですが、そんなことに時間を使わないでと注意する人もいるでしょう。

仕事のできる人は必要な情報をすぐに取りだせる人ともいえます。

見返すことができないならば、そのメモは意味がないからです。

インデックスシールを貼るでもいいですし、見出しを大きく書いてもいいでしょう。

たとえ字が汚くてもなにかの裏紙でも、必要な項目がすぐにみつかることが重要です。

見開きのページに1項目と決め、余白が残っても次のページに進むことも大切です。

あらかじめ余白を残すのは、新しく気付いたときに書き込むスペースがないと困ってしまうからです。

人に見せるものじゃないから自由に書こう

⑤情報収集能力!組織のキーマンを見極める

仕事のできる人は常に周りに気を配り、情報収集をしています。

なぜなら誰が中心人物か、要注意人物は誰か、上司の性格などを見極めることも仕事の上で重要なポイントとなるからです。

「こないだ商品を買ってくれた宮永さん」より 「こないだ○○店で××を買ってくれた宮永さん」 のほうが人はうれしく感じます。

数字に細かい・仕事に口をだしてくる上司なら
→資料の数字・誤字脱字をなくす、口を出されるまえに報連相をするよう心掛ける

コミュニケーションはとれるが、仕事ができない上司なら
→上司をフォローする、やんわりと仕事の提案をして上司のアイデアにする

できる人は上司の性格にあわせて自然とやり方を変えるのです。

もちろん与えられた仕事をこなせばいいのですが、相手の好みを知るのは仕事以上に重要です。

どの順番で仕事をしようか迷うこともあるでしょう。そんなときキーマンが必要なものから手をつけるのも作戦なのです。

部長?課長?先輩?あなたの会社のキーマンが誰であるのか、いち早く察知できようになりましょう。

難しく考えなくても仲良くなればわかってくるよ

⑥報連相は当たり前!ひと手間かけてポイントUP

報連相は伝えるだけではなく、仕事のアピールとしても使えます。

どんなに完璧な資料を作っても、誰も知らなければやっていないと言われるのが会社です。

確認されてから「できています」と言っても「ちゃんとしてね」なんて逆に注意されてしまうかもしれません。

たとえ完璧な内容だったとしても、です。

仕事のできない人の中には、きちんとできているのに報告が下手で評価されていないだけということもあるでしょう。

それってもの凄くもったいないです!

①の項目もアピールでしたが、今度は報告のアピール方法のを例をあげて紹介します。

ひと手間かけてポイントアップ

上司の机が書類でいっぱいになっていると、重要な資料がみつけてもらえるか不安になると思います。

普通に付箋を貼っても他の書類に埋もれてしまうし、パソコンにメモを貼っても書類はどこにあるのか探さなくてはなりません。

そんな時に付箋を折り曲げておけば内容も読めますし、付箋を持てば書類をみつけることもできる、まさに一石二鳥の方法です。

ちょっとした気遣いですが、できる人とできない人の差は歴然です。

⑦ 求められているのは何か? 空気を読む力

自分は何のためにここにいるのか、相手の求めているものは何か。

ただ仕事をすればいいのではありません。

できる人は自分のいることの意味、今自分が何をするべきか常に考えているのです。

誰かを新しく採用するときには、この業務をやってほしいと明確なものがあるでしょう。

あなたは会社から何を求められているか、すぐに答えることができますか?

新人の教育を求められている?残業を減らすことを求められている?

長くいると何も考えなくても仕事はできてしまいます。

電話を取るでもいい、ごみ捨てでもいいので、今自分が求められていることを考えてみてください。

自分のやっていることと、他人が求めていることは違うんだね

最後に

仕事ができない。頑張っているのにどうしてなの?仕事ができたらもっといろいろ言えるのにな。

今回はできる人が自然とやっていることを7つ紹介しました。

仕事ができたらではなく、できるようになるためにいろいろ言うアピールも参考にしてくださいね。

最初は難しいかもしれませんが、少しずつでも継続していくことで仕事はできるようになりますよ。

今回のまとめ

① 自分をアピールしている
② 「相手が喜ぶ断り方」を知っている
③ 名前を覚える努力をしてる
④ メモがわかりやすい
⑤ 情報収集能力!組織のキーマンを見極める
⑥ 報・連・相・は当たり前!ひと手間かけてポイントUP
⑦ 求められているのは何か? 空気を読む力

 

タイトルとURLをコピーしました