【タラントンのたとえ】努力が大事!怠け者には2度とチャンスは訪れない「全文掲載」

聖書
悩む人
悩む人

給料は貯金しているけど、金額が少なくて…。副業でお金を稼いだほうがいいかしら?

悩む人
悩む人

お金は親にあずけていたけど、このままでいいのかな…

こんな人のための記事です。

 

給料が増えないこともあって、最近は副業や投資に関心が高まっていますよね。

そして聖書が書かれた時代から「お金を持っているだけで活用しない人はダメ!」といわれているのも事実です。

そこで、みなさんに

みやここ
みやここ

お金だけではなく、自分の能力も持っているだけでは宝の持ち腐れです!

とお伝えしたいので、この記事では聖書の中から小話を紹介したいと思います。

※個人的な意見で宗教的な解釈とは異なります

スポンサーリンク

マタイによる福音書 25章14節~30節

ある金持ちが旅行に出かける前に3人の使用人を呼び、それぞれの力に応じて自分の財産を預けました。

一番能力の高い使用人には5タラントン(3000万円)を。次に能力のあるものには2タラントン(1200万円)、最後の一人には1タラントン(600万円)を預けて旅にでかけました。

早速、5タラントン預かった者はそれで商売をして、ほかに5タラントンを儲けました。

同じように、2タラントン預かった者も、最初のお金のほかに2タラントンを儲けました。

1タラントン預かった者は、商売はせずに穴を掘り、主人の金を誰にも取られないように隠しておきました。

かなり日がたってから、主人である金持ちが旅行から帰って来て、3人の使用人に預けたお金の清算を始めました。

まず、5タラントン預かった者が進み出て、ほかの5タラントンを差し出して言いました。

「旦那様、私に5タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに5タラントンもうけました」

金持ちはそのお金を見て満足そうに言いました。

「忠実な良い使用人だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを任せることにする。これからも私と一緒に頑張ってくれ」

次に、2タラントン預かった者も進み出て言いました。

「旦那様、私に2タラントンお預けになりましたが、御覧ください。ほかに2タラントンもうけました」

金持ちはそのお金を見て満足そうに言いました。

「忠実な良い使用人だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを任せることにする。これからも私と一緒に頑張ってくれ」

最後に、1タラントン預かった者も進み出て言いました。

「旦那様、あなたは蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集められる厳しい方だと知っていました。減らして罰を受けるのが恐ろしく、タラントンを地中に隠しておきました。御覧ください。これがあなたのお金です」

それを聞いた金持ちはこう言いました。

怠け者の悪い使用人だ。わたしが蒔かない所から刈り取り、散らさない所からかき集めることを知っていたのか。それなら最初からわたしの金を銀行に入れておくべきであった。
そうしておけば、帰って来たとき利息付きで返してもらえたのに。さあ、そのタラントンをこの男から取り上げて、10タラントン持っている者に与えよ。
だれでも持っている人は更に与えられて豊かになるが、持っていない人は持っているものまでも取り上げられる。
この怠け者の役に立たない使用人を外の暗闇に追い出せ。そこで泣きわめいて歯ぎしりするだろう」

与えられた物を活かすことの大切さ

鉛筆

このお話は、自分に与えられたお金能力・才能はきちんと活かしなさいと伝えています。

ユダヤ人は親が子どもにお金の教育をするのですが、聖書の時代から思考まで書かれていたことには驚きます。

しかも、今回紹介した話では努力をしなかった使用人は屋敷から追い出され、クビになってしまうだけですが、この話とそっくりな内容の「ルカの福音書(19章)」では使用人は処刑されてしまいます。

つまり、お金を失う恐怖に勝てず、何の努力もしない人間は生きる価値もないというわけです。

4人目の使用人を考える

この話にでてくる使用人は

  1. 5タラントン儲けた使用人
  2. 2タラントン儲けた使用人
  3. 何もしなかった使用人

の3人です。

比較するのなら、商売で失敗してタラントンを失った使用人が必要です。

悩む人
悩む人

確かに…。ヒドイ仕打ちをされたから書けなかったとか?

先ほど書きましたが「ルカの福音書」では③の使用人は処刑されます。

処刑よりも重い罪って…、私は思いつきません。

 

少し話を戻すと金持ちの主人は、①と②の使用人に同じ言葉をかけているのがわかります。

「忠実な良い使用人だ。よくやった。お前は少しのものに忠実であったから、多くのものを任せることにする。これからも私と一緒に頑張ってくれ」

みやここ
みやここ

お金が好きなら2タラント儲けるより、5タラント儲けた使用人を高く評価するはずです

それなのにどちらにも同じ評価をするのは、金額よりも大切なことがあったからです。

主人が伝えたいのは、儲けた金額よりも努力や働きが大切ということです。

だから働くことも努力もしなかった③は許せない、①と②には同様の言葉となりました。

 

そこで想像するのが、商売で失敗してタラントンを失った④の使用人です。

おそらく、努力して失敗したなら主人は褒めてくれたと思います。

さらに「もう一度やってみろ」と、チャンスが与えられたのではないでしょうか?

 

まとめると

  • 努力して成功したらさらに与えられる
  • 努力して失敗したら次の機会が与えられる
  • 全く努力しないとクビになる

ということです。

職場でも私生活でも、お金や能力はある「だけどなにもしたくない」怠け者にならないように、しっかり努力していきたいですね。

みやここ
みやここ

失敗してもいい、だけど挑戦には怠けずに!

ではまたっ!

 

※関連記事です

【難破船の3人の乗客】なぜ、お金持ちになるためのリスクを取れないの?「全文掲載」
会社員 給料とかお金の話ってタブーよね。お金が欲しい、なんていったら、がめついとか嫌われそうで誰にも相談できないわ こんな人、お待たせしました! もっとお金が欲しい!と思っている日本人は...
【メキシコの漁師とMBAコンサルタント】本当の幸せはお金がなくても手に入る「全文掲載」
悩む人 幸せってなにかしら? 悩む人 欲しい物はだいだい手に入るけど、豊かだと感じたことはないんだよね こんな人のための記事です。 幸福を感じるも...
【穴のあいた桶】私は役立たず?→誰にでも必要な役割があるんです「全文掲載」
悩む人 何をやってもうまくいかないの、私はダメ人間ね… と、自分を責めているあなた。 結論から言うと、役立たずなんて勘違いです! みんな口を揃えて同じことを言う? 誰かに相談...
タイトルとURLをコピーしました